【レビュー】 #1681 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 PF-78-1 パーフェクトガンダム ver. A.N.I.M.E.



2020年05月25日
ガンダム 〈SIDE MS〉

オレのロボット魂(スピリット)に
不可能の文字は無いぜ!!

いまだにHGでは発売されていないけど
ROBOT魂でプラモ狂四郎の愛機・
パーフェクトガンダムが商品化。

ガンプラのアクションフィギュア化!
…って文字にすると、ちょっと何言ってるん
だか分からない。

パーフェクトガンダムは、今やガンプラの
1ジャンルとして確立した、ビルドシリーズ
のルーツ・オブ・ルーツ。ガンプラのほうで
もっと優遇されていいと思うんだけどね。

かつてMGのパーフェクトガンダムは
投げ売り常連で、1000円でセールされていた
ほどだし、そのトラウマがあるのか?
(しかし、一般店頭向けの生産は終了した
らしく、今やプレミアガンプラの仲間入り

今月のロボット魂は、プレバンから届く物も
あるし、各所で予約復活しまくりの
週末発売のメインディッシュまで
リリースラッシュだけど、その先鋒として
今回は
ROBOT魂 〈SIDE MS〉
PF-78-1 パーフェクトガンダム
ver. A.N.I.M.E.

を、さっくりレビューするよ。

robot_perfect_gundam_01.jpg

定価は7920円。
予約開始時に40%オフだった店が
今のところ最安値だけど、自分は使い慣れた
ソフマップで確保。6050円。
また、amazonの解禁日予約も値下げされ、
最終価格は6152円になった。

通販では早々に予約が終了した店も多く、
プチ予約難状態だったが、今はまだ
普通に買える

この流れなら、現在通販が全滅状態に近い
夏のVer. A.N.I.M.E.も発売日直前ぐらいから
普通に確保できるようになるだろう。


robot_perfect_gundam_02.jpg

箱は横長で薄め。いつものパターンで
メインビジュアルは1/144旧キットの
ボックスアートをオマージュ。

一緒に写っているパーフェクトジオングは
5/29に予約がスタートしそうな気がする。
ジオングが来なくても、エレガントな
メタルビルドは来るらしいので、
ガンダムトイファンは当日待機でicon

箱ベロのセリフは
「このガンダムさえ完成すればサッキー武田
と互角に戦えるんだ」。
やはりパーフェクトジオングの襲来を予感させる。

今日の祭りのアイテムも2個買いiconしたし
エレガントなメタルビルドは10月みたい
だし、何月に来襲されても地獄は不可避。


robot_perfect_gundam_03.jpg

robot_perfect_gundam_04.jpg

キャストオフ可能な仕様であり
(後期タイプ?)、アーマー類は
取り外された状態で梱包されている。

プラモ狂四郎のエンブレムはシールで付属。
貼付はお好みで。

しかし、(C)表記に原作者のやまと先生や
講談社の名前は無いのね。
プラモ狂四郎の権利先も、サンライズと
創通のみなんだ。


robot_perfect_gundam_05.jpg

robot_perfect_gundam_06.jpg

robot_perfect_gundam_07.jpg

robot_perfect_gundam_08.jpg

素体のガンダムにアーマーを取り付けて
パーフェクトガンダムに。

パーフェクトガンダム自体は以前にも
アクションフィギュア化されているが
だいぶ今風に洗練されたヤツだったので
プラモ狂四郎版としては初となる。

既に方々で話題になっているが、
腰前部の黄色いブロック部に取り付ける
装甲が外れやすい。はめ込むと押し返される
ような感触があるので、どこか微妙に
干渉しているのだと思う。

強く押し込めば、だいぶポロリは治まったが
足を大きく上げると、まだ外れることもある。

造型や仕上がりについてはかなりいい。
頭部はわざわざ新造され、旧キットを思わせる
やや面長のフェイスになっている。

パーフェクトガンダムの旧キットは
15年ぐらい前に作ったことがあるので、
懐かしい。


robot_perfect_gundam_09.jpg

robot_perfect_gundam_10.jpg

顔は交換式。コミック内で表現された、
SDガンダムのような、目玉の描かれた物が
2種付属する。

SDでもないのに、表情のあるガンダムは
好きではないので、あまり使うことはないかな。


robot_perfect_gundam_11.jpg

robot_perfect_gundam_12.jpg

robot_perfect_gundam_13.jpg

robot_perfect_gundam_14.jpg

robot_perfect_gundam_15.jpg

素体のベースは通常のVer. A.N.I.M.E.
ガンダムと同じ物だが、装甲を着込んでいる
都合上、可動はかなり制限されている。

腕はほぼ真横まで上げることができるが
肩がバックパックと干渉するため、
腕を前方に上げる際は、肩アーマーを
少しずらす必要がある。肩の引き出しや
スイングするギミックは無いからね。

胴はわずかに前後左右に動かせるのみ。

足もあまり上げることはできない。
膝は90度ちょい曲がる。
大きな靴を履いているような状態だが、
足首の接地は悪くない。





robot_perfect_gundam_15b.jpg

2連ビームガンとシールドのバンドは
シルバーで塗装。腕時計のベルトを流用した
設定が反映されている。

シールド裏にはビームサーベル×3本を
装備。爆雷の着脱はできない。

またシールドのバンドとの基部は
ボールジョイントになっており、
肩との干渉を緩和することができる。


robot_perfect_gundam_16.jpg

robot_perfect_gundam_17.jpg

ビームガンとキャノン砲に取り付けできる
ビームエフェクトが2本付属。

動力パイプは軟質パーツ。
ビームガンやキャノンの砲身や動力パイプは
ブラウン系の成型色。

ビームガンは頭部と干渉するため、
頭部を正面に向けた状態だと角度が限定される。


robot_perfect_gundam_18.jpg

バーニアエフェクトは4個付属。

バックパックと脚部のバーニアは可動する。
あとバックパックのアンテナが伸縮。


robot_perfect_gundam_19.jpg

robot_perfect_gundam_20.jpg

robot_perfect_gundam_21.jpg

中の人。

素体のガンダムは頭部だけでなく、
換装に対応するため、腰のアーマーも
新造されている。


robot_perfect_gundam_22.jpg

robot_perfect_gundam_23.jpg

ビームライフル、ハイパーバズーカ、
ビームサーベルの長い柄と湾曲したビーム刃も
付属。
新鮮味は皆無だが、オマケと考えれば豪華?
ノーマルのシールドは付属しない。








robot_perfect_gundam_24.jpg

見た目はパーフェクトに近いのだが、
可動が制限されていたり、ポロリしやすい
パーツがあったり、遊びやすさの点では
イマイチな感想。

あとオレが引いた個体に関して言えば、
アンテナが曲がっていたり、腰横の箱状の
パーツがちゃんと接着されていなかったり、
シールドの白い塗装部分がボコボコに
なっていたり、細かい不具合が散見された。

腰のアーマーの件もあったので、今作は
あまり品質が高くないようにも思える。

サポートにメールして、不良パーツは
送って貰えることになったし、
元々可動に向いたデザインじゃないのは
承知しているから、まあいいけどね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお