【レビュー】 #1734 群雄【動】 004 戦国魔神ゴーショーグン



2020年09月15日
その他ロボットトイ

最近dアニメストアで、
戦国魔神ゴーショーグンを初視聴。

スパロボではお世話になってたんだけど、
アニメは見たことなかったのよ。

その視聴のお供に引っ張り出してきたのが
群雄【動】#004 戦国魔神ゴーショーグン

gunyu_goshogun_01.jpg

今は亡き、玩具メーカー「やまと」が
マクロストイを手掛ける傍らで展開していた
「群雄」。スーパーロボットを中心とした
アクションフィギュアのシリーズ。
その中の1アイテムであり、
2008年7月に発売された。

群雄【動】は可動を重視したコンセプト。
例えるならスーパーロボット版の
ROBOT魂みたいなプロダクトで
他にもこんなラインナップが揃っている
バンダイが着手していないロボットが
多いのも特長。

ちなみに群雄には他に変形合体をコンセプト
とした【合】、合金を使用した【銅】という
派生ブランドがあったが、
いずれも1~2アイテムのみで終了している。

超合金魂では10000%発売されないと
断言できるレベルの可変スーパーロボット
なんかも出ており、今思えばとっても
チャレンジャーなブランドだった。

ゴーショーグンはつい最近、
決定版と呼べるアイテムが出ているけど
そちらはレビュー済みなので、今日は
なぜタイトルに戦国魔神と付いているのか
考えながら、ちょっと懐かしい群雄を
紹介するよ。


gunyu_goshogun_02.jpg

gunyu_goshogun_03.jpg

税別定価は3000円(たぶん)。
当時は、フィギュアの割引も3割ぐらいは
当たり前だったので、実売2000円台で
買うことができた。今日び2000円じゃ
ちょっと豪華な食玩も買えないよ。

商品構成はいたってシンプル。
付属品は交換用手首2種のみ。
ブリスターの余剰スペースが寂しさを誘う。

発売当時は3000円でこの内容じゃ
割高みたいな声が多かったと思うけど、
今同じ商品仕様で出したら、7000円は
下らないだろう(塗装箇所も多いし)。


gunyu_goshogun_04.jpg

gunyu_goshogun_05.jpg

gunyu_goshogun_06.jpg

gunyu_goshogun_07.jpg

gunyu_goshogun_08.jpg

全体的な彩色の仕上がりは良好。
塗装精度は高く、鮮やかな発色で
非常に美しい。外装は硬質素材なので
カッチリしているのもいい。

上腕、腿、腹などの白と、
肩、腕、腰アーマーの青が成型色。
青にはポリカのような光沢がある。

その他の部分は艶消しで塗装されており
質感の違いによるコントラストは、
なかなか凝った彩色表現だと思える。
(頭部とバックパックの青は艶消しの塗装)

ただプロポーションは、スーパーロボット
らしからぬアレンジで、受け入れられない人
も多そう。

頭部と上半身が小さく、肢体がスラっとした
洗練されたフォルムになっているが、
ゴーショーグンというキャラクターに対して
適したアレンジとは思えない。
ガンダム的な方法論でプロポーションが
再構築されている感。

個人的には悪くはないけど、
(若いユーザーには、こんな感じの
バランスが受けるのかもしれないけど)、
年季の入ったファンが違和感を抱くなら
それは理解できる。







gunyu_goshogun_09.jpg

手近にあったロボット魂で雑に大きさ比較。

1/144ガンダムより、頭ひとつ
デカいぐらいと思えばいいかと。


gunyu_goshogun_10.jpg

gunyu_goshogun_11.jpg

ゴーショーグンにはいろいろな武器があるが
付属するのはゴーサーベルのみ。
手首と武器はくっついており着脱不可。

交換用の左手首も独特の表情で、
やや使い勝手が悪いような。


gunyu_goshogun_12.jpg

gunyu_goshogun_13.jpg

gunyu_goshogun_14.jpg

gunyu_goshogun_15.jpg

gunyu_goshogun_16.jpg

群雄【動】は可動をコンセプトとしているが
その割にはイマイチなアクション性。
古い商品なので、仕方ないんだけど。

首は大きく上を向くことができるが
顎は引けない。

肩の軸は鉄アレイ型のジョイント。
長めのジョイントなので、肩は上下と
前後に大きくスイングする。
腕は真横までは上げられない。

肩アーマーも鉄アレイ型のジョイントで
接続されている。

肘は90度ぐらい曲がる。
肘関節が目立つので、腕はあまり見栄えが
良くない。肘関節の下にロール軸は無い。


gunyu_goshogun_17.jpg

gunyu_goshogun_18.jpg

gunyu_goshogun_19.jpg

胴はごく僅かに後方に動くがほぼ無意味。
前屈は不可。左右への可動は、
腰アーマー等と腹の干渉を避ければ、
上半身を一周させることができそう。

足の付け根付近が、腰の内側で引っ掛かる
ので、十分なハの字開脚ができない。
前横にもあまり上がらない。
もう少し足がハの字に開けば、
気持ち良かったと思うが。

膝は90度ぐらい曲がる。
足首はつま先が独立して左右に回転するので
接地性はそれなりに確保されている。

腰のサイドアーマーがポロリしやすいのは
ちょっとストレス。フロントアーマーは
ガンプラみたく左右が一体になっているので
右側が上がれば、一緒に左も上がる。








gunyu_goshogun_20.jpg

キレイな彩色で仕上がりは上々だが、
造型は好みが分かれそう。

可動は今の目で見ると厳しく、
オプションも少ないのでプレイバリューは
低め。

この造型が好きで、ちょっとしたポーズを
付けて飾っておくだけで十分なら、
今でもお求めやすい価格だし悪くはないと
思う。

意外にもゴーショーグンのフィギュアは
近年になって、いろいろ発売されているけど
安く買えるのは群雄とヴァルカンログだけ。
なので、今手頃な価格でゴーショーグンの
おもちゃが欲しいなら、この二択になるね。

ちょっとレアな物ではこんなのもあるけどね。
(実は買い逃していた物で、この記事を
書いている最中に見つけてちょっと迷ってる…)


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお