【レビュー】 #1738 HG 1/144 ディキトゥス (光のカリスト専用機)



2020年09月28日
ガンプラ

プレバンの台頭でニッチなMSもいろいろ
ガンプラ化されるようになってきたけど
まさか、この機体が発売されることを
予想できていた人はいるのだろうか?

HG 1/144 ディキトゥス
(光のカリスト専用機)


機体の正式名称は、ユーリスディス
・シニストラ・ディキトゥスだが、
商標うんぬん以前に、記述しにくいせいか
シンプルな商品名になった。

hg_dictus_01.jpg

「機動戦士クロスボーン・ガンダム
鋼鉄の7人」に登場する木星帝国の
可変MSで、本作のラスボスにあたる。
木星帝国のMSでは、初のガンプラ化。
いちおうコイツは木星帝国側の所属に
なるけど)

木星帝国側のMSはどれも知名度が低く
形状もトリッキーな物ばかりなので、
クロスボーンがアニメ化でもされない限り
ガンプラが発売されることはないと思って
いた。きっとみんなもそうだよね。

アキバで爆売れしていた新作ガンプラ
スルーして、今回はプレミアムバンダイ
限定品として発売された本アイテムを
パチ組みで完成させたので、さっくりと
レビューするよ。


hg_dictus_02.jpg

hg_dictus_03.jpg

完成後の付属品構成。

大型ビームアックス、
ビームクローのエフェクト×4、
頭部メガ粒子砲エフェクト×2、
変形用差し替えパーツがオプションとなる。


hg_dictus_04.jpg

hg_dictus_05.jpg

hg_dictus_06.jpg

部分塗装やスミ入れは一切しておらず
キットをそのまま組んだだけ。

ほぼモナカ割りの簡素な構造であり、
パーツ数も少ないので、サクッと組み上がる。
合わせ目は腕や肩などに生じるが、大して
目立たない。

白と紫のパーツはグロスインジェクション。
光沢があり、テッカテカ。クローや足首は
金色っぽい成型色になっている。

モノクロ画でしか見たことなかったので
こんなカラーリングだとは知らなかった。

シールはモノアイ部分のみ。
モノアイはシールを選択して、
好みの位置を選べる。

コミックや最近出た新訳MS大全集
載っているイラストでは、左側の頭部の
周囲が白で塗り分けられているが、
成型色では再現されておらず、シールも
付属しない。ガンダムウォーのカードの
イラストは塗り分けられていないので、
コスト削減も兼ねて、そっちに合わせたの
かもしれない。


hg_dictus_08.jpg

クロスボーンガンダムの1/144キットは
組んでいないので、G3ガンダムと並べて
大きさ比較。全高は約14cm程で、
18m級のMSよりも若干大きい。

ディキトゥスは大きさの設定が
無かったと思うので、作画のイメージで
サイズが決められたと思われる。


hg_dictus_10.jpg

hg_dictus_11.jpg

hg_dictus_09.jpg

hg_dictus_12.jpg

関節の構造は単純ながら、可動範囲は広い。

肩はポリキャップが剥き出しだが、
頭部と肩アーマーが付くまで上げられる。
引き出し関節ではないが、若干前後にも
スイング。腕は真上に上げることができ、
肘は90度ぐらい曲がる。

腹と腰はボールジョイント接続。
後方へはほとんど動かないが前屈は可。

足の付け根周りに障害物が無いので
太腿が脇腹辺りに付くまで、
足を上げることができる。

太腿の上部にロール軸あり。
膝は二重関節で135度ぐらい曲がり、
MA形態再現のため、前方向にも
90度ぐらい曲がる。

その他、両腕のクロー、左肩のビーム砲付き
の装甲、フェザーファンネルのコンテナを
兼ねたリアアーマーが可動する





hg_dictus_14.jpg

hg_dictus_15.jpg

腕と足のクローに鎌状のビームエフェクトを
取り付け可。


hg_dictus_19.jpg

hg_dictus_16.jpg

hg_dictus_17.jpg

パチ組み派には、クローの内側の
大胆な肉抜きが気になるところ。

股下には3mmの穴が開いているので
魂ステージを使って飾ることができる。


hg_dictus_20.jpg

hg_dictus_22.jpg

大型ビームアックス。

設定ではグレーで塗り分けられているよう
だけど、正しい塗り分け方が分からないし
面倒なので、そのままに。


hg_dictus_24.jpg

頭部メガ粒子砲のビームエフェクトが付属。
…って、いつものビームサーベル刃の
流用だけどね。



hg_dictus_25.jpg

hg_dictus_26.jpg

hg_dictus_28.jpg

hg_dictus_27.jpg

モビルアーマーへ変形は至って単純。

肩口のロックを外して腕を伸ばし、
伸びた状態の首と胸部装甲を差し替える。
後は逆さまにして関節の位置を調整すれば、
手のような形状の異形のMAが完成する。


hg_dictus_29.jpg

hg_dictus_30.jpg

hg_dictus_31.jpg

木星驚異のメカニズム。ふざけた形状だけど
実はめちゃくちゃ強い。

個人的には言われるほど「手」には
見えないな。

スタンドで飾る際は、背中の丸い蓋パーツを
外し、アクションベースのジョイントを
挿し込む。ジョイントを挿す穴が奥まって
いるので、魂ステージの流用は不可。

フィギュアライズに付いているスタンドなら
ジャストフィットではないが、流用できる。






hg_dictus_32.jpg

簡易キットと言えるような作りではあるが
グロスインジェクションなので無塗装でも
見映えが良く、広い可動域と可変ギミックで
それなりに遊べる。

限定品だが、まだ二次予約が間に合うiconので
たまには変わったガンプラを作ってみたいと
思うなら、ポチってみてはいかがだろうか。

ディキトゥスが売れたら、他の木星帝国の
MSも出るかもしれないしね。
(ゲテモノMSは要らないなんて
言ってはいけない)

とりあえず、カラバリで出せる、
影のカリストの専用機のほう
(正式名称はリーベルダス・デクストラ
・ディキトゥス)は確度高めとして、
個人的には木星帝国のMSで
唯一フィギュア化の実績があるアマクサが
欲しいな。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお