【レビュー】 #1833 METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 フリーダムガンダム



2021年02月23日
METAL ROBOT魂

事前告知無く、いきなり魂ウェブ商店に
エントリーし、そのまま予約開始された
METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉
フリーダムガンダム


フリーダムほどの人気MSの新製品が
ティザー無しに予約開始されたのには
ちょっとビックリしたけど、
プレバン限定になったのも意外。

上海のフリーダム立像建造に合わせた
リリースみたいなので、イレギュラーぽい
感じになったのかな。一次予約時には、
TNTにも展示されなかったし。

他のブランドのヤツiconみたいな感じで
メタルビルドフリーダムの上海仕様が
現地限定で発売されたら困るなあと
思いつつ、今回は2021年最初の
メタルロボット魂を簡単にレビューするよ。

metal_robot_freedom_01.jpg

魂ウェブ商店1月のお届け品。
今は6月発送の2次予約分を受付中icon

しかし、1次予約でテンバイヤー達が
本気を出しすぎた後に
2次予約が開始されたおかげで、
メルカリ等に大量に溢れており、
定価(14300円)よりもかなり安く
買うことができる。

プレバン限定のメタルロボット魂なら
超人気MSでも高騰しない前例があるのに
ようやるわ。

来月のメタルなガンダムも定価割れだと
思うけどねw

なお、オークションやフリマアプリでの
購入は、不良等があった場合のサポートは
受けられないので注意してね。





metal_robot_freedom_02.jpg

metal_robot_freedom_03.jpg

付属品の内訳は意外とシンプル。

武器はビームライフル、シールド、
ビームサーベル×2、
連結状態のサーベルの柄が付属。

交換用手首は、ライフル、サーベルの
各持ち手と平手の3種6個。

その他、メタルロボット魂共通のスタンドと
スタンド用ジョイントがセットされている。

通常のロボット魂のフリーダムの付属品は
そのままに、スタンドが追加された内容だね。


metal_robot_freedom_04.jpg

metal_robot_freedom_05.jpg

metal_robot_freedom_06.jpg

metal_robot_freedom_07.jpg

デキはいいのに。今でも安く手に入る
通常のロボット魂のフリーダムを
ベースにしたリデコ品。

頭部、バックパックを新造し、
可動部等のフレームを合金パーツに
置き換え。さらに外装は全塗装され、
マーキングがプリントされている。

塗装は白や黒い部分がツヤ消し、
ウイング等の青はグロス、
赤はメタリック。
色によって質感の異なる仕上がり。

メタリックレッドは何となく
退色しやすそうな色合いで心配w

白はオーソドックスな色味で
メタルビルドのコンセプト2も、
これぐらいの感じが良かった気もする。

基本的なプロポーションは、
通常のロボット魂そのままなのだが、
全塗装&マーキングプラス、
そして金属の質感剥き出しの関節部により
見映えはかなり異なる。

小さなメタルビルドとも言えそうな
手の込んだ高級感のある仕上がりとなり、
同時に元のロボット魂の造型の良さを
再認識。基本的なプロポーションは
変わっていないのに、仕上げに手を掛けた
ことで、かなり見た目が良くなっているからね。

頭部は微妙に小型化しており、
頬のラインが真っ直ぐになっていたり
マスクが小さくなっていたりするが、
パッと見では大きな違いは感じられない。
通常ロボ魂のフリーダムもなかなかの
イケメンだったし


metal_robot_freedom_08.jpg

metal_robot_freedom_09.jpg

metal_robot_freedom_11.jpg

metal_robot_freedom_12.jpg

metal_robot_freedom_13.jpg

metal_robot_freedom_10.jpg

バックパックは丸ごと新造。

ウイングは若干大型化。さらにバラエーナの
両側の羽根が若干外側に開いたり、
ウイングの基部が上下にスライドする
ギミックが追加されている。

ウイングの展開は、可動の緩い箇所と
固い箇所が混在するせいか、
角度の微調整が少しやりづらい感もある。

可動が固いので思い切って動かそうとすると
バラエーナの両側の羽根が外れることも。


metal_robot_freedom_14.jpg

metal_robot_freedom_15.jpg

metal_robot_freedom_16.jpg

metal_robot_freedom_17.jpg

バラエーナも塗装の追加だけでなく、
若干長くなっている。

そのためか、バーストモードだと、
オーバースケール気味のような。


metal_robot_freedom_18.jpg

クスィフィアスレール砲は
グリップの展開も再現。

砲身はやや紫を帯びたガンメタで
塗装されている(襟部分も同色)。


metal_robot_freedom_19.jpg

metal_robot_freedom_20.jpg

metal_robot_freedom_21.jpg

もちろん、ハイマットフルバーストも
再現できる。

バラエーナは前方に向けると、
頭部アンテナとのクリアランスが
なかなか際どい。

予備の頭部アンテナは付いていないし、
破損しないよう、あまり下げ過ぎない、
もしくは横に開いて安全策を取る。


metal_robot_freedom_22.jpg

metal_robot_freedom_23.jpg

metal_robot_freedom_24.jpg

metal_robot_freedom_25.jpg

関節がメタルになっても、
頭部と背負い物以外の外装は流用なので
可動性は通常のフリーダムとほぼ同等。

ただ頭部は通常版よりも、自由度が低下した
ような。

正面を向いた状態なら、
しっかり顎を引けるが、襟に干渉しやすく、
横向きではほとんど上下には動かせない。
上方向には、目線をほぼ正面から
上げることができない。

肩の引き出しギミックは健在。
ライフルを両手で構えることも可能。
ボールジョイントで上方向にも動かし、
怒り肩にすることもできる。

腕は真横まで上がり、肘は90度以上曲がる。

通常版では、胸と腹の青い部分の接合部の
可動で若干前屈できたのだが、オレの個体は
この部分が固くて動かず、よって前屈が
できない(分解してシリコンスプレーを
吹かないと無理かも)。

腹と腰の接合部で若干後方に反らすことや
左右に捻ることはできる。


metal_robot_freedom_27.jpg

metal_robot_freedom_29.jpg

metal_robot_freedom_30.jpg

metal_robot_freedom_31.jpg

股関節は二重関節。
最初は股関節もかなり固かったのだが、
足は正面ぐらいまで上げられる。
なお、足を上げすぎると
腰のフロントアーマーがはじけ飛ぶ。

膝はふくはらぎと太腿の裏側が付くぐらい
曲がる。ふくはらぎのスラスターのカバーも
開閉。つま先は真下まで向けられる。

なお、シールドはジョイントで
肘の横側に固定することができるが
グリップで手首に持たせることも可。
グリップの位置は差し替えで変更可。

手首が外れやすいのだが、
ストレスを感じる程ではない。









metal_robot_freedom_32.jpg

ベースになっている通常版の時点で、
劇中寄りのかっこいいフォルムだったけど
全塗装とマーキングにより、見た目は
さらにブラッシュアップされている。

ただ、関節のテンションが一律でなく、
かなり固い箇所があるので、
遊びやすさの面では通常版のほうに
軍配が上がる気もする。

そしてゼータに続く次のメタルロボット魂も
もう間も無く予約開始iconなのね。

今年は8月まで、
フリーダムの2次を含めれば、
4月を除いて毎月メタルロボット魂が
届くのね。今月の新作は買ってないけど。

しかし、先々月の時点で
「近日受注開始」と告知された
ガンダムバエルはどうなったのかしら?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。