機動戦士ガンダム MSV解体新書 ~ ホビージャパンヴィンテージ VOL.5



2021年04月08日
玩具ニュース&日記

「ホビージャパンヴィンテージ」は、
ボリュームを鑑みると割高な気もするので
バックナンバー(ダンバインやマクロスの
旧キット特集号)は中古で買ったけど
最新刊のVOL.5はamazonで予約購入。
だってMSVの特集号だからね。

当時のキットを作ろうとは思わないけど、
このシリーズは大好き。
各MSに設定された、実在の兵器みたいな
語り口調の物語に、なんかロマンを感じる。

他の記事が凄く昭和なのには
抵抗があったけど、以前読んだ当時の
ムーブメントを解説した本も勉強になったし
MSVというシリーズの本質に
もっと触れてみたい気持ちが先立った。

hjv5_01.jpg

全110ページのうち、約50ページに渡り
「機動戦士ガンダムMSV 解体新書」と
銘打たれた特集記事を掲載。
特集記事はオールカラーページ。

模型誌らしく、旧キットにフォーカスした
内容となっている。

MSVに関しては、当時から設定本は
いくつか出版されており、近年にも
既にお宝本となった物なんかがあるけど、
旧MSVキットの特集本は珍しいかも。

他には元々高かったけどもっと高くなった本
ぐらいしか、心当たりはないや。





hjv5_02.jpg

特集記事は大まかには、
当時の関係者インタビュー、
旧キットの簡単なパチ組レビューと
作例から成る。

インタビューには大河原邦男氏、
川口克己氏、草刈健一氏らが参加。
ただ、それぞれ内容は短め。

大河原氏は3ページ、設計を担当した
村松正敏氏は4ページに渡っているが、
読者の老眼を意識してかw、割と文字が
大きめなので、字数はそう多くないような。

キットレビューは、たぶん全ての
MSV旧キットを、パチ組の写真と共に
紹介している。
(発泡スチロールの06Rは除く)

キャンペーン景品のシャア専用ザクと
青いフルアーマーガンダムも
載っているけど、この2アイテムは
さすがにレア物なので、完成品の写真は無い。

各々の写真は小さく、解説もごく簡単なので
カタログ的な内容に終始している感もあるが
旧キットの素組みを目にすることは
あまり無いのでちょっと興味深い。

密かにプレミアの最近のMSV系キットicon
再入荷したガンダムベース東京には、
旧キットの素組みもたくさん展示されている
けどね。

またMS-06系、RX-78系等、
機体をカテゴライズし、各部の形状の違いを
比較写真で紹介している。








hjv5_03.jpg

作例は4アイテム。

1/144の黒い三連星用06R、
パーフェクトガンダム、
1/100 トロピカルドムのほか
オラザクで入賞したif旧キットの
レッドウォーリアも再録。

そこそこ濃い目で、楽しめる特集では
あるけれど、MSVの記事だけが目的なら
2640円はちょっと高いかな。

他の記事は、昭和のプラモ業界や
プラモライフに関するコラム、
アカデミーのゴットフェニックスや
バンダイのバトルクラフトの作例等、
ガンダムのキャッチーさとは温度差のある
コンテンツで、アラフィフ以上の人で
なければ、琴線に触れにくいかも。

キットレビューの素組みの写真が
大きくて、背面や付属品の写真も
全掲載アイテムでフォローされ、
詳細な解説が付いていれば
もっと資料価値の高い1冊になった気も
するけどね。

でも、今日びガンプラの旧キットを作ろうと
思う人は過去に1度は同じ物を作った経験が
ありそうだし、改造する人が主流な気も
するから、詳しい素組みレビューみたいな
内容には、あまり需要は無いのかな?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。