メタルビルドと並べたいアイテムも! ~ クロスボーン、F91ほか、新作限定ガンプラ



2021年04月13日
玩具ニュース&日記

先週末に再入荷した
プレミアガンプラ2種をゲットするため
ガンダムベース東京に行ったんだけど、
今後プレミアになるような
そうでもないような新作のプレバン限定
ガンプラが新たに展示されていたので、
またいろいろ撮ってきたよ。

今回のレポートでは、
先日の秋葉原駅の展示には無かった
初見のアイテムをピックアップして
紹介するよ。

まだどれも予約可能iconなので
気になる物があったら、
プレミアムバンダイをチェックしてみてね。

まずはメタルビルドが
(この記事を書いている時点では)
普通に買えるようになったガンダムF91の
疑似メタルビルド的アイテムから。

gundam_base_20210410b_01re.jpg

gundam_base_20210410b_02.jpg

MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0
[チタニウムフィニッシュ]
9680円


F91とチタニウムフィニッシュは
相性がいいみたいね。

光沢があって、滑らかな印象の
メタリックホワイトがF91のイメージに
よく合っている。

胸のブルーはメタリック調の成型色だけど
展示品を見る限りでは悪くはない。

MG Ver.2.0は、メタルビルドよりも
プレーンな造形で、劇中に近いイメージ
なので、また別腹で味わいたい。
発光させることもできるしね。
これは即予約したicon


gundam_base_20210410b_04.jpg

gundam_base_20210410b_05.jpg

RE /100 1/100 ビギナ・ギナ
[エクストラフィニッシュ]
7480円


新作の限定品では、最も気になっていた物の
1つだけど、後ろ向きでの展示。

しかも、F91と背中合わせのため、
横からしか見られないよ。
展示棚のバックは鏡なので、
そこに映った姿は確認できるけど。

劇中シーンを再現したつもりだろうけど
販促のための展示なんだから、普通に
全体像が確認できるようにして欲しい。

肝心の銀色の質感に関しては、
ちょっと粒子が粗いようにも見えたが
メタルビルドと並べても遜色ない感じだと
思う。

メタリック仕上げのRE/100の
ビギナ・ギナは欲しかったので、
(出ると信じてセールされていた
通常品はスルーしたので)
予約開始と同時にポチった。
みなさんもメタルビルドのお供にいかが?icon

クロニクルホワイトが入手しやすくなって
いるので(メタリックな質感の旧版も
定価割れしているし)
一緒に並べたい需要で
ビギナ・ギナの売上も伸びていたりしてw


gundam_base_20210410b_08.jpg

gundam_base_20210410b_09.jpg

RE/100 1/100 ビギナ・ギナII
(木星決戦仕様)
4620円


意外とバリエーション展開の多い
RE/100のビギナ・ギナ。

「鋼鉄の7人」に登場した仕様の
ビギナ・ギナIIもラインナップ。
オリジナルのビギナ・ギナIIは
イラスト1枚が全ての存在だったので、
こっちのほうが知られているのかも。

スネークハンドのせいで、飾り方や
ポージングは結構制限されそうな。

ショットランサーもかなり大型で、
脇で挟まないと保持できないようにも見える。

そして、ビギナ・ギナIIもチタニウム
フィニッシュで出るのかしらね?

赤いメタリックはかっこよさが
通常の3倍になることは
ガンダムベース名物の
このアイテムでも証明済み


gundam_base_20210410b_10.jpg

HG 1/144 ディキトゥス
(影のカリスト専用機)
3960円


ビギナ・ギナIIとは、直接戦闘は
していなかったっけ?

既発の光のカリスト機と左右のカラーが
入れ替わっているだけで、基本的には
同じ物なので、こちらも買うかは迷っている
ところ。

キット自体は悪くはないんだけど、
簡易的な作りの割には高いしね。


gundam_base_20210410b_06.jpg

gundam_base_20210410b_07.jpg

MG 1/100 クロスボーン・ガンダムX1
(パッチワーク) Ver. Ka
4950円

パッチワークは初商品化だと思うけど
以前発売されたこのアイテムをカスタマイズ
して作った人は見たことあるけど)
MGクロスボーンもバリエーションは
数多出ているし、新造パーツが
フックシールドだけなので、新鮮味は薄い。

そういやメタルビルドのクロスボーンは
F91みたいに、腕は抜けたっけ?
だったら、X-3が発売されたら
メタルビルドでもパッチワークが
再現できるね。



gundam_base_20210410b_12.jpg

gundam_base_20210410b_13.jpg

後半はF91&クロスボーン系以外の限定品を
ピックアップ。

MG 1/100 ブレイズ・ザクファントム
(レイ・ザ・バレル専用機)
5170円


結局ザフトザクはルナマリア機以外は
全て限定品みたいね。ほとんど同じ物だし、
人気の高い機体でもないので、
一般店頭販売でのバリエーション展開は
厳しそう。

既に緑ザクがブレイズ仕様で出ており
新鮮味は薄いけど、メインキャラの専用機
なので押さえておきたいicon

ちなみにガンダムベースの新作のコイツ
入荷の度に即完売しているようで、
売っている所を見たことない。
そんなに人気あったっけ?


gundam_base_20210410b_14.jpg

gundam_base_20210410b_15.jpg

gundam_base_20210410b_16.jpg

HG 1/144 ガンダムジェミナス02用
陸戦重装ユニット 拡張パーツ
2200円


別売りのHGジェミナス02と組み合わせ
(01にも対応するはず)設定画のみの
存在だった陸戦重装ユニット装着形態を
再現できるパーツ。

存在自体は知っていたが、改めて立体で
見ると、他のガンダムの増加装備とは
ひと味違う感じで面白い。

陽の目を見なかった過去のガンダム遺産を
サルベージしてくれるのは嬉しいのだが、
一方でアスクレプオスやLOブースターを
優先してリニューアルして欲しかったとも思う。

プレバンの企画としてスタートした
新生G-UNITだが、イマイチ盛り上がりに
欠けている感じがするので、メインの機体が
リニューアルされないまま終わる心配も
少なからずあるんだよね。。。


gundam_base_20210410b_17.jpg

gundam_base_20210410b_18.jpg

RG 1/144 トールギスIII
[チタニウムフィニッシュ]
7700円


トールギスにもホワイトメッキは
よく似合う。小サイズながら、
高級感漂うエレガンスな仕上がり。

青い部分はメタリックの成型色だが
キレイな光沢感を放っている。
(ウエルドは生じているけど)

そのうち買おうと思っていた限定品
思っていたよりも早く売り切れて、
プチプレ値になっちゃったので、
もうRGでガマンしちゃおうかな。


gundam_base_20210410b_19.jpg

gundam_base_20210410b_20.jpg

HG 1/144 ゲルググ ウェルテクス
2750円


本体はもちろんHGUGゲルググそのまま。
リゲルグのバックパックに、
リゲルグの肩アーマーを取り付けて
背負っただけの、やっつけ感あふれる
デザインだけど結構好き。

本命は先にアクションフィギュアが出る
テスタロッサのほうだけど、
こっちも当然ガンプラ化されるよね。





gundam_base_20210410b_21.jpg

今回のレポートは以上。

もう1つ即効予約した凄く見たかった新作icon
あるんだが、残念ながらそちらは
展示されていなかった。

そういや、もうすぐMGのMk-Vが
届くよね。

今年の上半期の限定品で一番期待している
ガンプラだが、今月は置き場所に困りそうな
超大型アイテムもヨドバシから届くので
先にそっちを作らないと!


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。