【レビュー】 #1851 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダービルド クローズビルドフォーム



2021年04月15日
フィギュアーツ 仮面ライダー

5月にフィギュアーツのイベント開催が
発表されたけど、今から楽しみだね。
魂ネイションのリアルイベントは
1年半ぶりぐらいか。

今回は魂会員を対象にした招待制になるとの
ことだけど、その割には限定品が、
ジオウの箱変え&真骨彫ダブルの再販と
どちらかと言えばエントリーユーザー向けな
感じが物足りなくはある。

元々は一昨年までのように、
通りすがりに誰でも入れる方式で
企画していたのかしらね?

でも、ポチる前に
実物を確認したい2人のフィギュアーツicon
イベントで見られると思っていたのに
それまでに予約終わっちゃうのね。。。
TNTでも見掛けてないし。

そんなことを思いながら、今日は
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダービルド
クローズビルドフォーム
を開封。
5月のイベントの再販品と同じ
2人で1人のライダー。

イオンモールに在庫潤沢だった
ダークキバより入手難だったライダー
確保できてホクホクしながら、
簡単にレビューするよ。

shf_closebuild_01.jpg

shf_closebuild_02.jpg

shf_closebuild_03.jpg

魂ウェブ商店限定品。定価7700円。

すでに予約は終了しているが、
定価よりもだいぶ安く購入できる

夏映画のラストにちょっと出て来ただけの
フォームだと、そんなに欲しい人はいない
のかな。

付属品は交換用手首4個のみ。
右手首3個(表情付き平手、指差し手、
ベルトのハンドル持ち手)。
左手首は平手1個しか付いていない。

他に不可欠な付属品が思い当たるわけでは
ないが、価格の割には、かなり寂しい内容。





shf_closebuild_04.jpg

shf_closebuild_05.jpg

shf_closebuild_06.jpg

新造パーツを織り交ぜつつ、
ラビットタンク、ラビットラビット、
クローズのパーツを組み合わせた
キメラアイテム。

実際のスーツと比べると、少しばかり細身で
足が長めだが、ビルド系フィギュアーツの
素体は自然なフォルムであり、
違和感のない、かっこいいバランスに
纏まっている。

黒い部分と関節以外は全塗装みたい。
重厚感のあるメタリックで彩色されているが
軟質パーツにも塗装されており、
後々の退色が気になるところ。

既に一部の手首は若干色が薄くなっている
ようにも見えるし。

ベルトのメタリックレッドは黒い下地に
塗装されているせいか、くすんだ色合いに
なっている。


shf_closebuild_07.jpg

shf_closebuild_08.jpg

shf_closebuild_09.jpg

shf_closebuild_09b.jpg

写真に撮ると、アングルによっては
両目の尖っている部分が短く見えるのだが
顔の造型も良好。


shf_closebuild_10.jpg

shf_closebuild_12.jpg

ドライバーやクローズビルド缶は
一部細かい塗装が省略されているが
大きさ的には仕方無いだろう。

ドライバーも流用なので、缶は着脱でき
ハンドルは回転する。
缶はややポロリしやすい。

腰の布は軟質パーツで裏側も金銀で
塗装されている。


shf_closebuild_13.jpg

shf_closebuild_14.jpg

shf_closebuild_15.jpg

shf_closebuild_16.jpg

肩アーマーが邪魔に見えるが、
ちゃんと跳ね上がるので腕は真横ぐらいまで
上げることができる。

肩は引き出し式で、前後上下にスイング。
肘は約90度曲がる。

左半身のクローズの胸アーマーが下方向に
尖っており、クローズビルド缶と
干渉しやすいので前屈はほとんどできない。

上半身を捻って、クローズの胸アーマーと
缶の干渉を避ければ、若干は前屈させられる。
後方へは写真ぐらい反らすことが可。

股関節も引き出し式で、足は正面ぐらいまで
上げられる。腰布があるので、横方向へは
45度ぐらい開く。

膝も90度ぐらい曲がる。
足首は横方向へのスイング域が、
そんなに広くなく、接地性は今一歩な感。


shf_closebuild_17.jpg

shf_closebuild_18.jpg

shf_closebuild_19.jpg

shf_closebuild_20.jpg

首の上下の可動域は十分なのだが、
襟に頭部が干渉しやすいため、
自由度が低く感じる。

斜め横を向いて顎を引かせる際、
なかなか思い通りのポジションに
頭部が収まってくれない。

あと足首の接地が良いとは言えないので
足を開いたポージングの際に不自由さを
感じることもある。








shf_closebuild_21.jpg

可動にやや不自由さを感じる点があるが
見た目は良好で悪くはない。

ただ、この商品仕様で7700円は高い。
メタリック塗装の比率が多めではあるが、
オプションは手首だけだし、価格相応とは
思えないな。

ビルドのフィギュアーツは
今更ニンニンコミックが出るぐらい
絶好調みたいだけど、この勢いで
ブラッドも出るとしたら、
クローズビルドよりもマイナー税が
掛かりそうだし、マントも布で再現すると
9900円とかになっちゃうかも。

ブラッドはフィギュアーツは出ないと思って
これ買ったけどね

でも、クローズビルドは定価割れしているし
新造部がそれなりにあり、彩色が大変そうな
ブラッドを出すぐらいなら、
再販アンケート上位のコイツ
潔く出したほうが、バンダイにも
ユーザーにも優しいような。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。