【レビュー】 #1911 METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3



2021年09月23日
METAL BUILD

先週メタルビルドのジャスティスの
予約解禁があったばかりなのに、
今週末にはまた
新たなメタル系ガンダムが予約開始icon
そして来週はもう次の一般店頭分の
予約解禁。忙しいわね!

10/1の予約解禁分には
いくらなんでもメタル系ガンダムは
来ないよね。
でも真骨彫50rhディケイドあたりは
ラインナップされそうだから、
1ミリも気は抜けないけどw

最近はギリギリまでラインナップが
全部判明しないことも増えて来たし
ちょっと落ち着かないけれど
とりあえず今回は、先月着弾した
ガンダム系メタルビルドをざっくりレビュー。

metal_build_crossbone_gundam_x3_01.jpg

METAL BUILD
クロスボーン・ガンダムX3

魂ウェブ商店8月のお届け品。

8月はメタルビルドが
もう1個リリースされたiconが、
(オプションを含めると2個)
そっちはもうお馴染みの物なので、
改めて紹介することもないだろう。

しかし、フルクロスが届いたのが4月。
実質ほとんど同じ物だし、特に旬でもないし
他のネタを優先して、X3はもう少し後でも
良かった気もするな。


metal_build_crossbone_gundam_x3_02.jpg

定価28600円

ヤフオクなんかでは、今なら余裕で
定価以下なのでお買い得。
2.5万~定価近辺が相場みたい。
テンバイヤーのみなさんご苦労様です。

この手の限定品は届いてから
ちょっと後がいちばん安く買えるのかも。
今は結構高騰している限定品
そのくらいの時期は定価割っていたし。

到着直後は後から欲しくなった人の
需要がピークだろうし、時間が経って
弾数が減ると高くなる場合もあるから
X3は今が買い時かもしれないね。
(保証無し。2021年9月時点の話)


metal_build_crossbone_gundam_x3_03.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_04.jpg

豊富な付属品一式。

オプションの内訳は─
(武器)
・ムラマサ・ブラスター
・ムラマサ・ブラスター用エフェクト4個
・フック&シザーシールド
・バスターガン
・ビーム・ザンバー
・ビーム・ザンバー刃2種
・弾頭
・チェーン・ウェッブ×2
・ヒート・ダガー刃×2
・ビーム・サーベル刃×2
・チェーン×2

(その他)
・コア・ファイター
・交換用非変形頭部
・ムラマサ・ブラスター用ジョイント
・コア・ファイター用ジョイント
・シザー・アンカー用ジョイント
・スタンド一式(補助支柱あり)
・エレゴレラ
・交換用手首(右5種/左4種)

交換用手首は武器の持ち手3種
(右のみ4種)と平手1種となる。







metal_build_crossbone_gundam_x3_05.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_06.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_07.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_08.jpg

お察しの通り、既発のクロスボーンガンダム
のリデコ品。クロスボーン・ガンダムの
メタルビルドはX3で4体目となる。

X3独自の形状である、頭部、胸部、
前腕が新規造型。

流用なので全体的なプロポーション自体は
変わりなく、上半身が適度にマッシブで
小型MSでありながら、力強さを感じる
フォルムに纏まっている。

胸部等の青は鮮やかなスカイブルーを
起用。ちょっと明るめな印象だが、
「トビアの若々しさ」を表現したと
言われれば、この色味でもいいと思えた。
白はやや青みがかかった色合い。


metal_build_crossbone_gundam_x3_09.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_10.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_11.jpg

他のクロスボーンと同様、頭部は
フェイスオープンギミック付きと
非変形の物との交換式。
デフォルトで本体に付いている頭部は前者。

ギミック付きはマスク部に分割線が
目立つが、割り切って気にしないように
している。

非変形頭部は顎の赤い塗装がちょっとだけ
剥げていて萎える。

なお、非変形頭部を付けた場合、
首のジョイントがキツめだったのだが
そのままブンドドしていたら、
ギミック入り頭部に付け変えた際
少し緩くなってしまった。


metal_build_crossbone_gundam_x3_12.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_13.jpg

X3のアイデンティティと言える
前腕のIフィールド発生装置を再現。
カバーは展開する。

付属の平手ではケレン味がイマイチで
もう少し指が開いて、手のひらが前向きに
上がった形状の手首が欲しかった。
“くわぱぁ”みたいな感じのヤツ。


metal_build_crossbone_gundam_x3_14.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_15.jpg

X3のもう1つのアイデンティティである
ムラマサ・ブラスター。
先にフルクロスがリリースされているので
その流用となる。

ビーム刃のエフェクトは
コーティングされているようで、
光の当たり方で、独特の光沢感が出る。

先端のビーム刃は長短2種付属。


metal_build_crossbone_gundam_x3_16.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_17.jpg

ビーム刃を取り付けると結構重く、
ボリュームもあるので、持たせ方によっては
手首や肩関節が負けて上手く保持できない。

可動域等の都合で、両手で自然に
構えさせるのは厳しいような。


metal_build_crossbone_gundam_x3_18.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_19.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_20.jpg

ガンモードへ変形。
先端と刀身2箇所をスライドさせ、
スコープを引き出す。

ジョイントを使用し、腰のハードポイントに
懸架できるが、長物ゆえポージングの際は
邪魔になりやすい。

柄尻が細く尖っているので破損には注意。


metal_build_crossbone_gundam_x3_21.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_22.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_23.jpg

新規造型オプションである
フック&シザーシールド。

パッチワークの装備をモチーフに
新たにデザインされた武装らしい。

フックにはシザー・アンカーのチェーンを
取り付けることができ、上下逆にして
ハサミ状に展開することができる。

ジョイントがX3の前腕の装甲に
合わせた形状になっているので
そのままX1への流用は不可。



metal_build_crossbone_gundam_x3_24.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_25.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_26.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_27.jpg

その他の武装は既発のクロスボーンと
特に変わり無し。

X3は個別では劇中未使用だったと思うが
クロスボーン・ガンダムの基本武装である
バスターガンとビーム・ザンバーも付属。
ビーム・ザンバーの刃も2種付いている。

組み合わせるとザンバスターになり
砲口に取り付ける弾頭も付属するので
最終決戦出撃時の装備にすることもできる。

ザンバスター用の持ち手首は右のみ付属。
ザンバーの柄の形状的に、ややグリップが
持たせづらい。

本体自体も、色と一部の形状違いを除いては
そのままなので、可動に関しても変わり無し。

ただ全体的に関節が固く、動かしにくい。
なかなか目一杯まで動かせないような
箇所もあるので、もう少し関節が
ほぐれないと、遊びづらさが残るだろう。


metal_build_crossbone_gundam_x3_28.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_29.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_30.jpg

腰フロントアーマーのシザー・アンカーの
ギミックもそのままに。

チェーンを取り付け、射出状態を再現可。
個人的には、ワイヤーやチェーン系の
武器は苦手なので、購入時に1度試すだけで
その後はほとんど使用することが無い。

アンカーを魂ステージ等に取り付けるための
ジョイントだけでなく、クローでザンバーを
掴んだ状態を再現するための補助パーツも
付属する(クローのみでザンバーを掴んで
保持することはできない)。


metal_build_crossbone_gundam_x3_31.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_32.jpg

チェーン・ウェッブも付属。
X3にも装備されているんだっけ?
少し前に出たメカニック設定集
X3の武装の項目に記述は無いけれど。

ワイヤーはリード線で自由に表情付けが
可能。グリップにはザンバスター用の
手首がいちばんフィットする感じ。

なお、チェーン・ウェッブのグリップは
腰リアアーマーに収納されているが、
ポロリしやすい。

気が付くと外れており、
10分ぐらい探し回ったことも。


metal_build_crossbone_gundam_x3_33.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_34.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_35.jpg

ヒート・ダガーの刃は足裏に取り付けたり
ふくはらぎに収納されているグリップに
取り付けて手に持たせることができる。

劇中同様、ほとんど持たせることは無いと
思うが、コアファイターのビームガンを
兼ねたビームサーベルの装備も可。


metal_build_crossbone_gundam_x3_36.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_37.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_38.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_39.jpg

コアファイターの着脱ギミックも
既発のアイテムを踏襲。


metal_build_crossbone_gundam_x3_40.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_41.jpg

そして本体アイテム最大の
セールスポイント?

初立体化となるエレゴレラの一部を
模した台座。
頭部と右腕のみが再現されている。

台座と言っても、この上に立たせることは
できず、本体はスタンドで保持する。
エレゴレラ自体が、X3の本体を
固定できるようにはなっていない。

なおこの上にX3立たせると、
うちのブースには入らない。


metal_build_crossbone_gundam_x3_42.jpg

metal_build_crossbone_gundam_x3_44.jpg

外装は成型色に艶消しコーティング。

頭部のカバーは着脱でき(開閉式ではない)
内部をそれっぽく再現。
シルバーで塗装されたコクピットカプセルは
劇中みたく平手に持たせることもできる。
(ケーブルを指の間に挟んで保持)

右肩部分が破損した状態になっており
傷口から見える内部も少しだけ再現。
ガンメタの塗装がチラ見えする。


metal_build_crossbone_gundam_x3_43.jpg

右腕は付け根と手首が可動。
肘は固定。
胸の下はボールジョイントなので、
角度や向きを調整できる。

手首にムラマサ・ブラスターを持たせ、
ビーム刃をダメージ部分に挿し込めるように
なっているので、劇中の1シーンを再現可。

ただ手首の保持がキツめであり、
ムラマサ・ブラスターの柄の部分も
繊細な形状なので、破損のリスクを考えると
あまり積極的には持たせたくない。

もとい、個人的には割とどうでもいい
オプションで、こんな台座付けるぐらい
だったら、その分安くしてくれたほうが
まだ嬉しかったと思う。

直近にフルクロスが発売されており、
商品としてのインパクトを高めるために
思案された物だと思うが、サービス精神が
空回りしている感じもしなくもない。











metal_build_crossbone_gundam_x3_45.jpg

オプションが豊富でプレイバリューは
高いはずだが(個人的にエレゴレラ台座は
あまり必要無いけど)、可動部が固く、
動かしづらい部分もあるので、
やや遊びにくさも感じる。

まあ動かしているうちに、
緩くなってくる部分もあるだろうから
その辺のストレスは、次第に緩和されるかな。
緩くなったら、緩くなったで、
また別の不都合が出てきそうだけどw

クロスボーンのメタルビルドは4体出ており
とりあえず1個欲しいなら、
いちばんベーシックで安いヤツがいいと思う
けど、X3は今が最安値かもしれないので
今から欲しくなった人は、このタイミングで
ゲットするのもいいかもしれない。

定価割れがデフォだったX2も
高くなっているようだし。
まだ定価以下でも手に入るけどね)


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。