【レビュー】 #1912 RE/100 1/100 ビギナ・ギナ [エクストラフィニッシュ]



2021年09月27日
ガンプラ

最近は再販ガンプラを入手するためには
メタル系ガンダム以上に立ち回る必要が
あるので、10月のターゲットの確保の
目処もまだ立っていないけど、
プレバンから届いた
RE/100 1/100 ビギナ・ギナ
[エクストラフィニッシュ]

完成させたので、軽くレビューするよ。

re100_vignaghina_ex_01.jpg

百式が金色であるように、個人的に
ビギナ・ギナは銀色のイメージ。

なので、銀色にコーティングされた
エクストラフィニッシュ版の発売を信じ、
通常版の投げ売りをスルーし続ける日々。

そして気付けば通常版も店頭から消え、
プレミアガンプラの仲間入りをした頃、
プレミアムバンダイ限定品にて
待望のエクストラフィニッシュが予約開始!
同時予約開始のメタルな相方iconと一緒に
即効でポチった。

ふと思うけど、結構投げられていた
RE/100 ビギナ・ギナも、再販されたら
大人気で即売り切れとなるのかしら?
ガンダムベースにはずっと在庫ある感じ
だけれど(先週はまだ売っていた)。

以前は半額で積まれていたこともあるのに
先週の再販は争奪戦だった黒いガンダム
同じ道を辿るようなそうでもないような。







re100_vignaghina_ex_02.jpg

re100_vignaghina_ex_03.jpg

ビームライフル、ビームランチャー、
ビームシールド、ビームサーベル×2、
アクションベース用ジョイントが付属。
胸部のハッチは鹵獲後の形状の物も
付いている。

マーキングシールも付属するが、
(たぶん通常版と同じ)
この銀色の下地にコーションマークとか
ゴチャゴチャ貼り付けるのは似合わない
気がして、額の紋章とつま先の青い部分だけ
貼付。

ポリキャップ以外の余剰パーツは、
左右対称パーツのランナーに配された
トサカの紫色の部分、首の動力パイプ、
胸部のフレームの3個と少ない。

定価は7040円。
通常版のちょうど2倍の価格。

パーツ数は変わっていないので
コーティング処理と成型色変更で
RE/100 ビギナ・ギナもう1体分の値段!


re100_vignaghina_ex_04.jpg

re100_vignaghina_ex_05.jpg

re100_vignaghina_ex_06.jpg

re100_vignaghina_ex_07.jpg

外装のライトグレーの部分を
銀色でコーティング。

一般的な銀メッキとは異なり、
光沢を抑えた、金属っぽい質感の仕上がり。
上品な輝きを纏い、かつ人型兵器らしい
重厚感も併せ持った仕上がり。

個人的にはイメージ通りの色合い。
オレの脳内ではビギナ・ギナは
この色なのよ。

RE/100ビギナ・ギナは、最初から
コーティング版のリリースを視野に
入れていたのか、一部アンダーゲートが
起用されており、ゲート跡はあまり
気にならない。

紫や濃いブルーの部分はメタリック調の
成型色。ややウェルドが浮いている箇所が
あるのはお約束。

バーニア内部の赤や黒が要塗装箇所となるが
今回は部分塗装は行っていない。

プロポーションはスレンダーにアレンジされ、
より女性的に感じる。
エクストラフィニッシュにより、
その印象がさらに際立つ。

小顔で足が長く、設定画のトレスより、
機体のキャラクターに準じた造型と
言えるかも。


re100_vignaghina_ex_08.jpg

胸ハッチは、セシリー投降後に
取り付けられた角ばった形状の物を
選択することもできる。

組み立て後も交換可。
ただし、投降後は額の紋章が消されている
ので、基本的には投降前後の形態を選んで
組み立てるものとなる。


re100_vignaghina_ex_09.jpg

re100_vignaghina_ex_10.jpg

re100_vignaghina_ex_11.jpg

ビームライフルはサブグリップが可動。
両手で構えることもできる。

手首は穴の開いた拳1種しか付属しておらず
引き金に指を掛けた形状にはなっていない。


re100_vignaghina_ex_12.jpg

re100_vignaghina_ex_13.jpg

re100_vignaghina_ex_14.jpg

ビームランチャー。
グリップが下方向に可動。
後腰に懸架したりはできない。

手持ち武器3種を持たせる場合は
手首をバラし、武器を挟み込む仕様。

グリップにある四角いダボを手首の内側の
溝にハメるので、保持はしっかりめだが、
武器の交換を繰り返すと、
手首がバラけやすくなるかもしれない。


re100_vignaghina_ex_15.jpg

re100_vignaghina_ex_16.jpg

re100_vignaghina_ex_17.jpg

ビームシールドのエフェクトは
シールドの表面のパーツを外し、
挟み込む要領で取り付ける。

シールドは発生器の基部が回転するが、
肩や背中のフィンノズルに干渉しやすく
ちょっと邪魔に感じることも。

ビームサーベルは後ろ腰に2本装備。

サーベルも手に持たせる際は、
いったん手首をバラし、ダボをハメ込む。



re100_vignaghina_ex_18.jpg

re100_vignaghina_ex_19.jpg

re100_vignaghina_ex_20.jpg

re100_vignaghina_ex_21.jpg

re100_vignaghina_ex_22.jpg

re100_vignaghina_ex_23.jpg

首は2重関節。顎はしっかり引け、
目線も45度ぐらい上げられる。
首の根元の関節にややグラ付きがある。

肩の基部は前方向に引き出し可。
腕は真横まで上げることができ、
肘は約90度曲がる。

前屈、胴の後方への反らしは僅かに
傾くのみ。上半身の挿し込みを浅めに
すれば、左右へ360度回すことができる。

背中のフィンノズルも前後に動き、
ふくはらぎの3基のノズルも上下に
可動する。


re100_vignaghina_ex_24.jpg

re100_vignaghina_ex_25.jpg

re100_vignaghina_ex_26.jpg

re100_vignaghina_ex_27.jpg

re100_vignaghina_ex_28.jpg

足は真正面&真横ぐらいまで上げられる。
太腿上部にロール軸あり。
腰フロントアーマーは横方向にも可動。

膝は約90度曲がる。
足首はあまり大きく横スイングしないので
接地性はまあまあ。

比較的可動域は広いが、所詮はプラモなので
ブンドドし続けると、脚が外れたりする。


re100_vignaghina_ex_30.jpg

通常版の倍の価格は伊達ではなく、
エクストラフィニッシュの仕上がりは上々。
個人的なビギナ・ギナのイメージに近くて
満足。

まだプレバンで購入可能iconなので
気になる人はチェックしてみてね。

でも、こんなにいい感じになるのなら
MG クロスボーンガンダムX0も
エクストラフィニッシュ版が欲しいな。

並べて釣り合うように、ビギナ・ギナIIの
コーティング版も希望。

メタリックレッドは通常の3倍
かっこよくなるのは、
ガンダムベース限定の大物で実証済みだからねw





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイ HGUC 1/144 240 ナイチンゲール
価格:7160円(税込、送料無料) (2021/9/26時点)





スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。