【レビュー】 #1923a モビルスーツアンサンブル19 (ガンダムアストレイレッドフレーム&パワードレッド)



2021年10月26日
モビルスーツアンサンブル

モビルスーツアンサンブルの新作が日本一
早く大量入荷する(所だと思う)、秋葉原の
ヨドバシカメラで早速19弾を回してきたよ。

既に19弾が投入されている筐体は
たくさん並んでいたが、その中に残り
10個ぐらい、全ての色のカプセルが
確認できる台を発見。

19弾は武器セットとパワードレッドが
多めのアソートと聞いていたが、
これなら勝つる。

先週発売のウオメカ5種も5回ストレートで
コンプできたし、やはりオレの運は最強!

容易にコンプできることを確信しながら、
100円玉を投下し、レバーを回す。。。

mobilesuit_ensemble19_red_01.jpg

そして今回の戦績─

アストレイ赤×1
アストレイ青×2
ジェガン×1
ジェガンD型×2
パワードレッド×2
武器セット×5

全6種。コンプまでに13回。
そのうち5個は武器セット。
おかしい。オレの運は最強のはずなのに。
噂通り、鬼アソートの洗礼を受ける結果に。
しかも最初は4個連続で武器セット。
ちょっと自分を見失いそうになった。

前述の通り、残弾が少ない台を選んだので
11回回した時点で、残りが青玉2個に。
青いカプセルは最後の1種である
レッドフレーム。ようやくコンプリート!

しかし、リーチのタイミングで100円玉が
尽き、両替に行っている間に、その台に
カプセルが補充されるという惨事。
しかも店員さん、中身をかき混ぜている!

唖然としながらも、ここまで来て引くことは
できず、青いカプセルが底に残っていること
を信じ、同じ台で再挑戦。

パワードレッドをダブらせながら、
再挑戦2回目にしてレッドフレームを
ゲットし、無事コンプできた。

箱で予約しているのに、どうしてオレは
こんなに必死になっているのか…

そんな激闘を経てコンプした、
モビルスーツアンサンブル19より、
今回はレビュー前編として、
ガンダムアストレイレッドフレームと
パワードレッドを紹介するよ。





①ガンダムアストレイレッドフレーム


mobilesuit_ensemble19_red_02.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_03.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_04.jpg

まずは13回回してゲットした
ガンダムアストレイレッドフレーム。
シリーズ通し番号はNo.121
カプセルの色は青色。

関節ジョイントは従来の物だが、
レッドフレームの配色に合わせ、
赤い成型色となっている。

シャープな造形とガッチリめのフォルムで
デフォルメながら、かなりかっこいい。

前腕の色分けはパーツ分割で再現。
ただ白いパーツが取れやすいので、
これは接着した方がいいかも。

白い肩アーマーや膝アーマー、
後頭部の赤い部分も別パーツ化されている。

成型の都合か、肩の表面に穴が開いているの
は、少し気になるな。


mobilesuit_ensemble19_red_05.jpg

顔のデキも良好。非常にイケメン。

曲がった状態でカプセルに入っていた
V字アンテナは、軟質製のうえ細長いものの
温めると、ほぼ真っ直ぐになる。


mobilesuit_ensemble19_red_07.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_06.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_08.jpg

武器はビームライフルとシールドが付属。

もうかなり長いこと見掛けていないプラモ
同じ、アストレイ初出の時の装備。
ガーベラストレートは最初からあった物じゃ
ないけど憶えてる?

肩は割と上がり、怒り肩にすることができる。


mobilesuit_ensemble19_red_09.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_10.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_11.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_12.jpg

ガーベラストレートはMS武器セットに
収録。

刀は黒の成型色のみで無塗装。
鞘に収めることができる仕様で、
そのため刃が細く短く、貧弱な見た目。

鞘は肉抜きが目立つ。
ジョイントで膝関節のハードポイントに
懸架できるが、腕や腰にやや干渉しがち。


mobilesuit_ensemble19_red_13.jpg

パワードレッドに鞘を取り付けるジョイント
を、最初は手に鞘を持たせるために使う
パーツだと思っていた。


mobilesuit_ensemble19_red_14.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_15.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_18.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_17.jpg

フライトユニットはMS武器セットに
収録。

組み立て図を確認する前に作ったので
完成まで難儀した。特にグリップと
ビームライフルを懸架するジョイントの
取り付け方は組み立て図を見ないと、
分からないよ。。。
(組み立て図は公式サイトにアップ済み)

赤いウイングは塗装されており、
故にゲート跡が白くなってしまう。
また肉抜きがディテールっぽく見えるよう
工夫されている。

下部のブースター2基はボールジョイント
接続。ガーベラストレートと干渉しやすいが
ある程度角度の調整が可。


mobilesuit_ensemble19_red_19.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_20.jpg

グリップがあるので、捕まって飛行している
シーンの再現も可。

右側のブースターに取り付ける凸ジョイント
があり、ビームライフルを懸架できる。



②パワードレッド


mobilesuit_ensemble19_red_21.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_22.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_23.jpg

No.125 パワードレッド
カプセルの色は黄色。
これもアソートが多めらしい。

パーツ数は多くないのだが、
肩の内部のジョイントの組み立て方が
分かりづらく、公式の組み立て図を
確認する前に作り始めたので、
かなり手間取った。

黄色いパーツは塗装済み。

腕だけのオプションだが(背面パーツが
あるが)、シリーズ共通の簡易スタンドで
飾ることができるクリアのジョイントが付属。

拳の穴が大きい手首も付属するが、
何に使うのかは不明。来月に届く大型商品icon
何か連動しているのかな?


mobilesuit_ensemble19_red_24.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_27.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_26.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_25.jpg


来年に新商品も発売される
パワードレッド形態。

腕の交換だけでなく、バックパックを
腰に付け直し、背面パーツとガーベラを
取り付けて完成。

腕だけでカプセル1個を占有している
だけあり、ボリュームは十二分。


mobilesuit_ensemble19_red_29.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_28.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_30.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_31.jpg

mobilesuit_ensemble19_red_33.jpg

肩アーマーは上下に可動。

パワードレッドの肩内部に可動軸があり、
腕は真横よりも、やや上ぐらいまで上げる
ことができる。肘は90度ぐらい曲がる。

思っていたよりも、ポージングの幅が広いが
肩の可動が固く、動かしづらい感もある。

また上腕&前腕の黒いパーツがポロリしやすい。
接着したほうが良さげ。








mobilesuit_ensemble19_red_34.jpg

秀逸な造形に加え、パワードレッド&
武器セットと組み合わせると、
かなりプレイバリューは高くなる。

パワードレッドが思っていた以上に
動いて楽しいが、これがたくさん出ても
困るなw 個人的には1個あれば十分。
パワードレッドはプレバンでも良かった気も
する。

次はブルーフレームとジェガンだけど、
これらはレビュー後編で紹介するよ。

そういえば、今月のホビージャパンに
第1弾の再販が11月予定って書いて
あったけど、公式からリリース月の
告知ってあったっけ?

まあ、ガシャポンの再販って、いつも
気が付けば、台に入っている印象だけどね。

第1弾はもうすぐ出回るとして、
それ以外の弾で買い逃した物がある人は
(2弾も再販予定らしいけど)
この辺とかでゲットしてね


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

※当サイトの文章・写真等、内容の無断転載を禁止します。