【レビュー】 #310 ガンダムフィックスフィギュレーション 0040 レッドウォーリア



2020年05月30日
GUNDAM FIX

ロボット魂パーフェクトガンダム2機の
発売を記念して、2012年2月にアップした
GFFレッドウォーリアの記事を再アップ。

今朝もヨドバシが大放出してた
話題のメタルなガンダムほか、
今日は新製品がいろいろ着弾。

当初は写真とテキストを新調して
再アップするつもりだったけど、
新製品の撮影作業で手が回らないので
過去ネタでお茶を濁しますw

以下、当時の記事ほぼそのままの内容です。

------------------------------------

新製品ネタが続いたので、
たまには懐かしめのものも。

ハイターゲットトイの市場が出来てから
干支が一回りするぐらい経ったし、
この市場は商品の入れ替わりが激しく、
ちょっと前のものでも売場に残っていない
ことが多いので、新規にこの趣味に入った
人の中には、比較的最近の商品でも、
見たことないものがあるのかもしれません。

今後はもう少し懐かしいものや変わったものを、
今の視点で紹介できる機会も増やしていくことも
考えてます。

GUNDAM FIXなんかも、メタコンを除いては、
2010年の8月に出たフルアーマーユニコーン
以来新製品が出ておらず、実質的にオワコン。

でもGFFのレビューを探している人は結構いる
みたいだし、今日び新たに記事をあげるサイトも
あまりないと思うんで、これから時々取り上げて
いきましょうか。




とりあえず、いちばん取り出しやすい
ところにあったレッドウォーリアから。
実はコレ、無印GFFのラストアイテムである
次作のリゼルのご先祖様からGFFNに
リニューアル)。

80年代のガンプラブーム時のマンガ
「プラモ狂四郎」に出てくる、
パーフェクトガンダムの3号機にあたる機体。

「3号機」というポジションがネックに
なってか初代パーフェクトがGFFの第2弾に
選ばれ、MGにもなっていたりするのに、
まともな立体物は本アイテムが初めて。
発売が2008年11月なので、誕生から
約25年目の商品化。


GFFrw01.jpg

レッドウォーリアと言いながら、
パッケージにはキャスバル専用ガンダムの
状態で入っているので、まずはこちらから。

本アイテムはキャスガンとレッドウォーリアの
換装仕様。

キャスバルガンダム自体は、先に発売された
ガンダムの色替え。胸のダクトの形状が
修正されているそうだけど、元がどんな感じ
だったかは憶えていないや。

それよりも、肩アーマーがグラグラするのを
直して欲しかった。


GFFrw02.jpg

本アイテムより少し前に発売された、
リメイク版フルアーマーGやパーフェクトと
同じ「フレームモデル」という仕様。
それまでのGFFより可動範囲が広くなっている。


GFFrw03.jpg

肩は大きく前に引き出すことが可能。
足回りもよく動く。

しかし大きく動かす度に、肩や股間が
スポスポ抜けまくり。
決して保持が弱いわけじゃないんだけど、
アクティブなポーズがなかなか上手く決まらない。


GFFrw04.jpg

腕や足の可動が広くなったのに対し、
首や腰はあまり動かず。
腕や足がよく動くようになっても、
腰がほとんど回らないので、
ポージングの自由度は思ったよりも広くない。





GFFrw05.jpg

そしてパーツの差し替えで
レッドウォーリアに。

パーフェクトやその2号機にあたる
フルアーマーガンダムはGFF化に際し
かなりデザインアレンジされた。
その流れを踏襲し、レッドウォーリアも
元デザインとは大きく違う。

ディテールが増えて今風になっただけ
ではなく、ノーマルガンダムの胸に
増加装甲を被せる仕様で、アーマーの
外付け感が強調された見た目に。

狂四郎世代の人からは、
この点に違和感を感じる声もあるみたい。

でも、元のレッドウォーリアもスリムだけど
胸に増加装甲を取り付けたようなデザイン。
ノーマルのRX-78をベース機として
(作中の設定に順ずると当時の300円の
1/144プラモ)整合性をとると、こんな感じに
なるのは間違いでないと思う。


GFFrw06.jpg

ちなみに胸の装甲を脱がすとこんな感じ。
バズーカも普通に手に持たせてみたけど
干渉する部位があって、なかなか上手く持てない。


GFFrw07.jpg

GFFrw11.jpg

換装して小顔になった分、
頬の干渉が無くなり、ほんの気持ち
頭部が動くように。

しかし、腰の回転は相変わらず。
抜けまくる関節も換装によって直るものではない。

可動が広がったフレームモデル仕様
と言っても、ガシガシ動かして楽しむより
今までどおりに無難なポーズでディスプレイ
するのが向いている。
やっぱりGFFはGFFなのよ。


GFFrw08.jpg

GFFrw09.jpg

ランドセルとアームで接続された
バズーカは、割とフレキシブル。
持たせ辛くはない。

ジャイアントバズーカに似てるんだけど、
ドムのものを改造したって設定だったけ?

あと頭部はアンテナの形状が異なる2種が付属。


GFFrw10.jpg

原作デザインとはかなり異なるものの、
このアレンジは結構気に入ってる。

可動に関してはイマイチだけど、
GFFにアクション性を求めても
お門違いな気がするので、
そんなにも問題とは思っていない。

GFFのレッドウォーリアは、シリーズ後期の
アイテムだけに、中古屋ではあまり
見掛けない気もするけど、
定価以下で手に入る

原作版のレッドウォーリアが欲しい人は、
HGUCガンダムに対応したB-CLUBの
改造パーツがあるけど、
こっちはさすがに入手難かな。

GFFは定価の中央値が4000円台だったので
プレ値でも1万円を超えるような物はほとんど無い。

ディープストライカーと同じぐらいの大きさの
GFFオリジナル仕様の重武装ガンダム
なんかはちょっと高いけど。

一時代を築いたシリーズだけに、
レッドウォーリアの他にも、レアな機体を含めて
いろいろ出ているので、興味がある人は
チェックしてみてね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお