その349  figma 仮面ライダートルク



2012年04月14日
0
0
figma(萌えは無いよ!)

フィギュアーツのゾルダが、ファイヤーステイツ等と一緒に予約している都合で、
月末まで手にできないので、代わりにfigmaを取り出してきた。
こちらは、弁護士じゃなくて詐欺師。






トルクは投げ売り常連のfigmaドラゴンナイト勢の中で、と並んで唯二のプレ値だったけど、
ゾルダのアーツの発売で安くなるかも。

アーツのゾルダは、まだネット通販でも定価以下でたくさんあるし


figTrk01.jpg

やや小さいけれど、見てくれはフィギュアーツよりも劇中のスーツに近いかも。


figTrk02.jpg

figTrk03.jpg

デザイン上の制約もあって、腕はあまり横に上がりません。
あと頭部の上下スイングがほぼ皆無。

関節がちょっと脆そうな感があるけど、可動に関して気になる点はそれぐらいかな。


figTrk04.jpg

ロボットみたいなデザインなので造形しやすいからか、顔も似てる。
アンテナは軟質と硬質の2タイプ付属。

なお、マグナバイザー…ではなく銃型召喚機はベルトに装着可。
銃型召喚機には特にギミックはありません。


figTrk06.jpg

武器は他にギガランチャー…ではなく「大砲」(パッケージ表記ママ)も付属。
アメリカ版のライダーは版権の都合で、横文字の武器名も漢字表記になるのだ。


figTrk07.jpg

「大砲」は劇中よりも気持ち小さいかな。
まあ、この大きさでも若干構えにくかったり、自立し辛かったりする。

スタンド必須だけど、付属のfigma汎用スタンドはアームが背中の穴になかなか入らないので、
魂STAGEを使用。


figTrk08.jpg

カードは1枚のみ付属。
しかし、カードの持ち手は右手のみ、銃の持ち手も右手のみなので、
カード装填のポーズが取れない。

大砲のグリップの掴み手で銃を握れないこともないけど、フィット感はイマイチ。


figTrk09.jpg

装着変身(R&Mのリぺント)のマグナギガと。やっぱり並べると装着変身版は小さめ。
フィギュアーツはfigmaよりも大きめなので、そちらと合わせるのはちと厳しいか。


figTrk10.jpg

ファイナルベント!

しかしこのマグナギガ、10年ぐらい前のもの、しかも男児向けトイだけど、かなりデキがいい。
装着変身版はスミ入れもされ、重厚感もアップ。

そういえば魂ウェブ商店のフィギュアーツ版マグナギガも、そろそろ受注開始かな。


figTrk11.jpg

マグナギガをバラしてfigmaに付いていない武器を再現してみた。

まずはギガキャノン。
しかし、無加工で接続できるはずはなく、魂STAGEで支えたギガキャノンの前に
トルクを置いただけ。


figTrk12.jpg

ガードベントのギガアーマー。
マグナギガの状態だと小さいけど、バラして武器にするとボリューム過多になる不思議。





figTrk13.jpg

フィギュアーツもかなり良さそうだけど、figmaのトルクもこれはこれでいい感じ。
ただ、もうみんなフィギュアーツで満足しそうだけどね。

今figmaは再販アンケートやってるけど、コイツが再び市場に出ることはなさそうね。。。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお