その366  HCMpro RX-139 ハンブラビ ~HGUC化決定記念



2012年05月18日
0
1
その他ガンダムトイ
ワンコインで買えるかもしれないガンプラHGUC特集

今日からのホビーショーで、HGUC化が発表されたハンブラビ(発売は8月)。
でもハンブラビは割とデキのいいMIAやHCMproがあるんで、
メッサーラやバーザムとかを優先して欲しかったと思うんだ。

今回のホビーショーでは他にもMG AGE-2やバスターガンダム、
AGEの海賊ガンダム(ダークハウンド)なんかが発表されたけど、
個人的にいちばんサプライズはマクロスアーマード・ファクトリーの再販(7月予定)。
でも定価7140円って、当時モノのプレ値と変わらないような。。。







そんな訳で、HGUC化を記念して今日のネタはHCMproのハンブラビ。
かつてMIA、GFFと並んでガンダムトイの主軸だったHCMProも、他の2つ同様に終了して久しいけど、
かなりの数が市場に出たようで、まだ店頭では現役のところも多かったりする。


HCMbrabi01.jpg

HCMproは1/200ということで、全高10cm強のサイズながら、スプリッター迷彩風の
パターン塗装が施されています。プロポーションも文句無いし、見た目だけなら完璧。

なおHCMproは半完成品で、ブラビの場合は、尻尾や武器がランナーから切り離して
組み立てる仕様です。


HCMbrabi02.jpg

このサイズに可変ギミックを入れた上、デザインの制約もあってか可動は今ひとつ。

肩に引き出し機構があるので、腕周りはよく動くものの、腰は少し捻れる程度、
股関節や足首の可動域の都合で、足のハの字開きも決まりにくい。
背面のビームガンも無可動。


HCMbrabi03re.jpg

HCMbrabi04.jpg

海ヘビは、先端が収納/射出された状態の2種が付属。
射出状態の柄は右手首と一体成型。先端はリード線で接続。


HCMbrabi05.jpg

フェーダインライフルも付属。
武器の持ち手がユルユルで、脇に挟むなり左手を添えるなりしないと、保持は厳しい。


HCMbrabi06.jpg

ライフルの柄の部分にクリアパーツを被せると、ロングサーベルに。


HCMbrabi07.jpg

HCMbrabi08.jpg

単純な変形が幸いして、差し替え無しでMAに可変。
膝は二重関節じゃないものの、折り曲げた足は背中にぴったり密着。


HCMbrabi09.jpg

とんがり頭の中身。内部メカの一部再現がHCMproの売りだった。
この状態で、モノアイの位置を動かすことが可能。


HCMbrabi10.jpg

ヤザンのパーソナルマークのシールが付属。自由なところに貼って下さいとのこと。
亀だけに、一瞬股間に貼ろうと思って自己嫌悪。


HCMbrabi12.jpg

3機揃えてヤザン隊。
1機は発売日に買ったんだけど、残りの2機はラオックスのセールで購入。
500円でも売れ残ってて、タイムセールで250円で確保。ちなみにHCMの定価は2000円。
MIAもよく投げ売りされていたけど、HGUCは売れるの?








スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply