その401  GUNDAM STANDart:14/ガンダムスタンダート14|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その401  GUNDAM STANDart:14/ガンダムスタンダート14

以前のGUNDAM STANDartをお探しなら…


ワンフェス前日なのでサクッといくよ。

ボークスでフラゲ。
正式な発売日はたぶん31日なので、コンビニや量販店に並ぶのは月曜~火曜かな。







いつも通り全4種。

まずは開封済みでも結構いい値が付いてたνガンダムの再録。
今回は武装違いで2種アソートされています。もちろん各アソート1。

GST1402.jpg

νガンダム(フィンファンネルver.)。ファンネルとビームライフルを装備。

前のνガンダムがすぐに取り出せるところに無いので比較はできません。
造形は変わっていないように見えるけど、前よりイケメンになってる気もするので、
もしかしたら頭部は新造かもしれない。

たまたま当たりかもしれないけど、顔の塗装が割とキレイ。
右目と左目のサイズがちゃんと均一。

なお基本色のホワイトは、ちょっとグレーっぽい色味。


GST1401.jpg

こちらはバズーカ・シールドver.

フィンファンネルver.とは、武装以外に肩のマーキングが異なります。


GST1403.jpg

そして2個イチ。

ランドセルのサーベルラックは取り外せるけど、右側用のファンネルが無いので無意味。
あとバズーカのランドセルへの懸架は不可。

以前のνガンダムよりも安い分、オミットされた部分があるのは仕方ないか。


GST1404.jpg

GST1405.jpg

いつの間にかガンダムUCのMSVに組み込まれ、徐々に知名度を上げてきている
デルタガンダム。νを持ってる人には、こっちが今回の目玉?

デコのV字アンテナが接着されていなくてグラグラするけど、それ以外は満足。
落ち着いた金色で塗装もキレイ。

しかしコイツをガンダムと呼んじゃっていいのかね。
宇宙世紀におけるガンダムの定義って何?名乗ったもの勝ち?


GST1406.jpg

デルタプラスと2ショット。
一見するとクリソツなんだけど、よく見ると全然違うのね。


GST1407.jpg

そして理想と現実(完成イメージと実際の完成機)。
パケ裏の説明によると、デルタガンダムの予測性能はZガンダムに匹敵するらしい。
後付けってホントにフリーダム。

なお、デルタプラスには板状のスタンドが付いています。
足首が細長くて接地面積が狭く、シールドやバインダーのせいでバランスも悪いので、
ちょっと自立しづらいね。


GST1408.jpg

そしてグフ。まあフツーのグフだね。
STANDartもすっかり無難なプロダクトになっちゃった。


GST1409.jpg

並べてみようと思って、久しぶりにドムを出してみたら可塑剤が浮き出ててベタベタ。

これからフィギュアに優しくない季節の本番だし、ヤバそうなアイテムはたまにでも
チェックしたほうがよさそうね。


スタンダートはまだ続くらしい。
次回15弾は、ソードストライク、ジム・スナイパーII、
ギラ・ドーガ(量産機&フル・フロンタル専用機)の4種。

レズン用じゃないんだ…と思ってら、このギラ・ドーガ袖付きみたい。
フロンタル機はHGUC化されたけど、袖付きの量産ドーガは初商品化かな?





スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント