アベンジャーズを観て来た~「じょしらく」ってこんな感じ?|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

アベンジャーズを観て来た~「じょしらく」ってこんな感じ?

「このアニメは女の子のかわいさをお楽しみ頂くため、邪魔にならない程度の
差し障りのない会話をお楽しみ頂く番組です」

…いうコンセプトの萌えアニメがあるらしいが、そのままアベンジャーズにも
当てはまる気がした。

「この作品はヒーローのカッコよさをお楽しみ頂くため、邪魔にならない程度の
差し障りのない会話をお楽しみ頂く映画です」

そんな割り切りができるなら楽しめるかな。

アイアンマンも、キャプテンアメリカも、ハルクもソーも大活躍!
ハリウッドらしいCG使いまくりのド派手なドンパチは圧巻!

スーパーヒーロー大戦に負けじと、クライシス要塞モドキまで登場する
バトルシーンは金を掛けてるだけあって、素晴らしいことは間違いない。
ブルーレイが出たら欲しくなるレベル。

でもストーリーは驚くほどにテンプレ展開。その上、浅いところを流れる感じで、
だんだん盛り上がって行って、さあ最終決戦!というようなカタルシスも無いのね。

そう考えると、知見がある分、ヒーロー大集合みたいな作劇はハリウッドよりも
大泉のほうが上手なのかもしれないと思ったり。。。

まあ「今、世界で最も観られている100年に1度の映像プロジェクト」で、
仮面ライダーと違って、友達や会社の人との話の種にはなるんで、観ても損はないでしょう。
肝心な部分はほとんど予告映像で流れている気がしなくもないけど。。。

ちなみにエンドロールの後に、ちょっとしたおまけのシーンがあるので、
席を立つタイミングは慎重に。ただし期待は禁物。かなりどうでもいいシーン。


映画を見た後、そういえばホットトイズからアイアンマンマーク7出るんだよな~
と、ググってみたら来年4月発売かよ!

まだまだだけど、アイアンマン3の公開が来年のGWなので、タイミングとしては正しいのか。





スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント