その431  超合金魂 GX-01 マジンガーZ ~マジンガーZは今日で40歳?|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その431  超合金魂 GX-01 マジンガーZ ~マジンガーZは今日で40歳?


Wikiを見るとマジンガーZは、1972年の10月2日号から
ジャンプで連載が始まったらしい。
今日が40歳の誕生日ってことでいいのかな?
ハッピーバースデー!

先週末が新製品の大豊作だったので、
本来ならリボ風神やS.I.C.タトバあたりを
ネタにしたいところだけど、
そんなメモリアルデーをスルーすることはできない。

…まあ、実際は雑誌の日付よりも
早く発売されているものだと思うけど。。。

なので、今日のネタは超合金魂のマジンガーZ。
しかも一番最初に出たヤツ。
本ブログで超合金魂を紹介するのは初めてなんで、
それにふさわしいアイテムでもある。







chotamaMZ101.jpg

1997年発売って、改めて見ると驚く。
もう15年も前の商品。

リアルタイムで買ったものではなく、
発売から数年後に中古で購入。
確か当時国分寺界隈に、何店舗も展開していた
マジックボックスっていう中古屋で買ったと思う。

何度かリニューアルされ、実質的に絶版状態なので、
さすがにもう新品での入手は困難だけど、
数が出回ってるせいか、比較的安く買える

超合金のマジンガーZは何度もリメイクされているし、
しかもこの第1弾は特にデキがいいわけでもないのに、
なぜが手放す気になれない。
「超合金」というブランドの特別感が
潜在的に擦り込まれているのかな?

中古で買ったものなので、箱や説明書の状態も悪いし、
決してレアものでもないんだけど、
大切に取っておきたい一品。


chotamaMZ102re.jpg

何を思ったのか、先日久しぶりに開封。
少なくても7年以上は箱に入れたままだったと思う。
箱はボロくても、もともとモノ自体の状態は良好で、
気になる劣化は見当たらない。

ただ可塑剤が浮き出したのか、
軟質パーツの手首がベタベタ。
癒着はしないものの、指などにくっつけても、
下に落ちないぐらいベタつく。
ダヴで洗っても、ベタ付きは落ちる気配は無い。

懲りずに3回ぐらい洗ったら、
ようやくベタ付きが弱くなった気がする。
粘り強く洗浄すれば何とかなるかしら?


chotamaMZ103.jpg

まだアクションフィギュアらしい
アクションフィギュアが無かった頃のものだけに、
あんまり動きません。
関節の引き出しギミックなんてあるはずもなく、
それ以前に腰も回らない。


chotamaMZ105.jpg

chotamaMZ104.jpg

肘関節の交換で、伝統的な遊びである
ロケットパンチ射出や、ドリルミサイルの開閉が楽しめる。
アイアンカッター状態の腕も付属。


chotamaMZ106re.jpg

腹部のハッチは開閉。
ミサイルパンチの弾頭がニョキッと出てくる。

プロポーションは前後に平たい印象で、
腹部のミサイル発射口も目立つんだけど、
そろそろビンテージ扱いしてもよさそうな
古さなので、「味」として受け入れられる。


chotamaMZ107.jpg

ジェットスクランダーの翼の可変ギミックを
仕込んだせいで、形状が犠牲になっている。

この頃は、ギミック入りのものと形状優先のものの
両方を付けるという発想はまだ無かったのね。
各部のネジ穴隠しもシール。
今では考えられない仕様。



どちらも発売月は12月だから、
DX超合金魂はこの第1弾からちょうど
15年後の発売なんだね。

超合金魂はもう出し切った感があるし、
スパロボ超合金が定番化しているので、
マジンガーZに始まり、マジンガーZに終わる
のも美しくていいかな…

…と思ったけど、少なくても
あとトライダーG7ぐらいは欲しいわね。


お買い得品も限定レア物もあり! 超合金魂マジンガーZシリーズ

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント