その437  ROBOT魂 ストライクダガー|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その437  ROBOT魂 ストライクダガー

ROBOT魂<SIDE AB> ダンバイン


オマイらダンバイン、ダンバインばっかり言ってないで、少しは彼のことも話題にして下さい。

rtSTTAGER02.jpg




いつもの店で発売日に1700円だったので小隊買い。
ちなみにダンバインの入荷は無く、何も聞いていないのに店長さんに、
「ダンバイン無いんですよ~」と言われた。
ホントにみんなダンバイン、ダンバイン、ダンバインなんだから。。。


rtSTTAGER06.jpg

ストライクやデュエル同様、ややスペクリ風味なプロポーション。
量産機なのにヒロイックなテイストが強くなっている気がするけど、悪くはない。
“ダガーガンダム”とか名乗っても、じゅうぶん許容範囲。


rtSTTAGER08.jpg

よく動くのは当たり前。
可動の不満は足首の接地がイマイチなぐらい。

いちおうスネが軟質パーツで、足首の横スイングが干渉しても、
ふにっと曲がるようになってるんだけど、それほど接地は改善されないね。


rtSTTAGER09.jpg

動かしてると、リアアーマーが外れまくる。ボールジョイントを受ける穴が浅いのかな?
あとサイドアーマーも取れやすいし、自分が買ったものの1つは右上腕がよく抜ける。

なお、今時珍しく平手が付属しない。
ストライクのものが流用できるけど、ダガーの本体色は薄いグレーなので、
手の甲の色が合わない。


rtSTTAGER03.jpg

武器はライフル、シールド、ビームサーベルの3種の神器のみ付属。
ライフルは大きめ、シールドは小さめ。

シールドの取り付け位置は肘関節の横側のみ。肘関節の後ろ側には取り付けできません。


rtSTTAGER04.jpg

ライフルの両手持ちも難なくできる。

ライフルはガンメタでなかなかいい感じの仕上がり。
シールドも全塗装だけど、パッケージの外からは見えないので
購入時に塗りの状態をチェックできないのが、ちょっと辛いね。


rtSTTAGER15.jpg

rtSTTAGER07.jpg

背中のサーベルにもちゃんと手が届く。
可動は足首以外優秀。


rtSTTAGER10.jpg

rtSTTAGER11.jpg

ここからストライカータイム。まずはエールストライクダガー。
説明書には書いていないけど、背中のブロックが取り外しでき、エールストライカーを装着できる。
種ポーズを取らせれば、もう完全にダガーガンダム。V字アンテナなんて飾りです。


rtSTTAGER12.jpg

ランチャーストライクダガー。
やっぱり説明書には載ってないけど、肩の天板が着脱でき、外すとストライカー用のジョイント穴がある。

ランチャーストライカーに関しては、背中のパックはキッチリ差し込めないので、すぐに取れる。
右肩のパーツも外れやすい。


rtSTTAGER13.jpg

ソードストライクダガー。
ソードストライカーは背中のパックはキッチリはまるけど、肩のパーツの取り付けには無理がある。
ソードストライクにする場合は、肩をストライクガンダムのものと交換して換装するのが無難。

手首はストライクガンダムのものと同じみたいなので、両手ならソードを持つのは無問題。


rtSTTAGER14.jpg

最後はパーフェクトストライクダガー。いろいろ干渉するけど、できなくはない。
ソード&ランチャーストライカーセットは、オクには結構あるけど限定品だったので、お値段もそれなりに。

でもリマスター種の劇中で、パーフェクトストライクガンダムが登場したんで、
そのうちパーフェクトストライカーとしてまた出そう。


魂ウェブ商店限定 ROBOT魂 <SIDE MS> ランチャーストライカー&ソードストライカーセット魂ウェブ商店限定 ROBOT魂 <SIDE MS>
ランチャーストライカー&ソードストライカーセット



売り上げランキング : 61

Amazonで詳しく見る



rtSTTAGER05.jpg

ストライクダガーと言えば、105ダガー、バスターダガー、デュエルダガー、ロングダガー、
などなど、豊富な派生機体。
ジンクスの例もあるので、今後のバリエーション展開が気になるところ。

でもよく見ると、どれもほとんど別物な上、ドマイナーで旬も過ぎてるんで、
あんまり期待はできないかな。。。





[追記]

コメントで質問を頂いたのですが、非表示にされているのでこちらでお答えします。

ダガーが持っているグランドスラムはホビージャパン2012年4月号付録の
「HGガンダムSEEDカスタムキット」のものです。
半年前の雑誌付録ですので、ちょっと入手は面倒かもしれません。
こちらの記事でも紹介していますので、ご参照下さい。


スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事