その472  スーパーロボット超合金 ライディーン|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その472  スーパーロボット超合金 ライディーン

11月からファミリー劇場で勇者ライディーンが放送スタート。
大昔のアニメだけど、HDリマスターで無駄に高画質。
スパロボではよく知ってるけど、まともに原作を見るのは初めて?

schoRAIDEEN11.jpg

年内は4話連続放送なので、早くも1クール終わったけど、ストーリーらしいストーリーは無くて、
毎回怪獣みたいな敵メカが大暴れして、ライディーンが倒すだけの内容って感じ。
Aパート/Bパート、1話で2回ライディーンが出撃する回も多い。

50話もあるみたいだけど、最後までこんなの流れなのかな。。。
昭和のスーパーロボットって、だいたいロボットプロレスだとは思うけど。






スパ超ライディーンは発売時にいつもの店で買ったんだけど、なぜかそのまま未開封だった。
今回のライディーンのオンエアを機会に封印を解く。


schoRAIDEEN01.jpg

開封後の第一印象「小さっ!!」
ボリュームが無い、と言ったほうが正しいかも。
背丈はそれなりにあるけど、細くて小顔のせいか、かなり小さい印象を受ける。
小さくてもいちおう超合金なので、手にした時のズッシリ感はそこそこ。

プロポーション自体はそんなに悪くはないかな。
ちょっと貧弱に見えなくもない。


schoRAIDEEN10.jpg

schoRAIDEEN02.jpg

そして動かしてみるとグラグラフニャフニャ。

胸の下と腹部中央が引き出し式で、胴体を前後左右に捻ったりできるけど、かなり緩い。
ロック機構もあるけど、全然弱いので、弄っているうちに外れてクネクネしはじめる。


schoRAIDEEN03.jpg

このデザインでも頭部が可動するのは評価しよう。
でも顔のカバーやツノも動くんだけど、これも定位置で固定してくれず、
弄っているうちにズレてくる。

フェイスは交換式で叫び顔が付属。
小さいんでよく見ないと、通常フェイスとの違いが分からない。


schoRAIDEEN04.jpg

schoRAIDEEN05.jpg

ゴッドブロック、ゴッドブレイカーを差し替えで再現できる。
ゴッドブーメラン用のパーツは無し。
価格との兼ね合いか、付属の武器は少ない。


schoRAIDEEN06.jpg

ゴッドゴーガンも展開状態のものと差し替えで再現。
ゴッドアローは1本のみ付属。手首の上に乗せてるだけ。

頭部が動くと言っても、この形状じゃさすがに横は向けない。

ノズル型の足首も可動するけど接地はイマイチ。
ハの字開きや、180度近く開脚できたりと、股間周りはよく動く。


schoRAIDEEN07.jpg

schoRAIDEEN08.jpg

ゴッドバードチェーンジ!

変形時に「生えてくる」腕のカバーは外付け。
頭部のカバー、脛の突起は差し替え。

あと、底面(腰の後ろ)に、腰と腿の裏側を模した補助パーツみたいなのを
取り付けるんだけど、ちょっとこれには違和感。
付けなくてもゴッドバードになれるけど、腕のカバーをきっちり固定し、
魂STAGEで飾る場合は必要。


schoRAIDEEN12.jpg

胴体がクネクネで、顔のカバーも固定しない。
ゴッドバード変形時に差し替える、スネの突起もすぐポロリ。
なんか動かしているとストレスが溜まってくるフィギュアは久しぶり。。。

スパ超は良作揃いな上、ライディーンは結構好きなロボなだけに、余計ガッカリ。




そういやES合金のライディーンが来月発売だわ。
まあ、例によって遅れまくると思うけど。。。

ES合金は店頭にあまり並ばないから、予約しとかないと。


スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント