その490  可変戦士 ZZガンダム ~ROBOT魂発売記念|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その490  可変戦士 ZZガンダム ~ROBOT魂発売記念


ロボット魂のダブルゼータが今週末発売なので、こんなものをネタにしてみる。
可変戦士ZZガンダム。超久しぶりに開けてみた。

kahensensiZZ01.jpg






発売は2003年11月。
MIAは2002年リリースだから、ロボ魂は約10年ぶりのZZの完成品トイということになるのか!
(トレフィグの類は除く)
ZZの世間の評価はご存知の通りなので、意外と取るか当然と取るかビミョーなところ。

ちなみに発売直後は割と投げ売られていたけど、今の取引相場は4000~5000円ぐらいみたいだね。
欲しい人は、こっちで安いの探してみてね


kahensensiZZ02.jpg

いちおう超合金にカテゴライズされるアイテム。
合金率は高く、脚部はほとんどダイキャスト。
ほぼ1/144でも、サイズの割にはズッシリした手応えがある。

なんとなく放送当時のプラモを思わせるプロポーションで、
おもちゃ然とした感じが強いけど、それもまたいい味。


kahensensiZZ03.jpg

可動は初期のHGUCぐらいかな。
大胆なアクションは無理だけど、足をハの字に開くことができ、
コアブロック収納が再現されながらも、若干腰が左右に回転する。

ライフルのスコープをずっと倒したまま撮ってた…orz


kahensensiZZ04.jpg

おもちゃっぽい割にはイケメンだと思うけど、アンテナが軟質な上に極細なので、
見映えはイマイチ。

アンテナに折り畳みギミックは無く、変形時はフニっと曲げて胸のカバーを上げて通す
思い切りのいい仕様。


kahensensiZZ05.jpg

kahensensiZZ06.jpg

ハイパービームサーベルは、太くて長くて結構よいモノ。

専用手首で保持も良好。手首は握り手、サーベル持ち手、ライフル持ち手(右のみ)が付属。
この頃のトイには、まだ平手や表情の付いた手首が付くことはあまり無かった。


kahensensiZZ07.jpg

Gフォートレス。変形は差し替え無し。手順も比較的カンタン。

フォートレス形態はカッチリ維持できるけど、ウチのは両手のウイングシールドがヘタっており、
油断すると翼が畳まれる。


kahensensiZZ10.jpg

コアファイターも差し替え無しで変形。
キャノピー開閉などのギミックは無し。


kahensensiZZ08.jpg

kahensensiZZ09.jpg

コアトップ&コアベース。
ランドセルのミサイルハッチは開閉。ビームキャノン基部も左右に可動。

コアファイターは1機しか付いていないので、3機編隊がやりたいなら、最低でも要2個買い。


可変戦士 ZZガンダム 《完成済TOY》【14Jan13P】

可変戦士 ZZガンダム 《完成済TOY》
価格:6,143円(税込、送料別)






kahensensiZZ11.jpg

ロボ魂は非変形なので、変形可能なダブルゼータのトイは、
いまだこの可変戦士か放送当時のDXの二択ということになるね
(二度と出そうに…)。

さすがに古過ぎるDXは見た目が完璧に子どものおもちゃだし、
まだまだ可変戦士の存在価値は大きいと思うよ。



スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント