幻のクライマックスに興味深々~08小隊ブルーレイBOXが届いた|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

幻のクライマックスに興味深々~08小隊ブルーレイBOXが届いた

08MS小隊のBDBOXが着弾。

先週までBS11で放送してたのを見ていたせいか、それほど感激は無いんだけど、
やっぱり好きな作品だからね。何度見ても飽きないわ。






08BDBOX.jpg

この商品にジム頭は付きません。

とりあえず1話&2話を視聴。画質の方はこんなもんかな~って感想。

もちろん発色が鮮やかになって、キレイになってるんだけど、
もとがセル時代のアニメなんで限度がある。画期的に良くなったというほどではないです。
解像度が上がった分、線のカスレが目立つようになった箇所があるのもお約束。


いちばん気になる(?)新作ショートフィルムの「三次元との戦い」は、
基本的にEz8とグフフライトタイプが戦うだけの話で、正直ガンプラのPVレベルの内容。

当時とはアニメの作り方が変わってるため、デジタル彩色で絵の質感が本編と全然違う。
セル画特有のベタ臭さが無いので、絵が軽くてゲームのムービーを見てるみたい。

それ以前にカレンのセリフ無し、エレドア未登場と08小隊のメンバー全員と再会できるわけでは
ないので、これが08小隊の新作と謳われると物足りないね。

ちなみにこの新作エピソードは9話で降下してから、10話の舞台の市街地に向かう途中の話で、
エレドアはアッガイに頭部を破壊されたカレンの陸戦ガンダムの修理の手配のため、不在なんだとか。


特典ディスクには「三次元との戦い」のほか、全話の絵コンテや過去の版権イラストも
収録されてるんだけど、その分(?)ブックレットがペラペラに薄い。

内容は関係者の最新コメントと「三次元との戦い」のシナリオ、申し訳程度にキャラ&メカ紹介。
登場MS&キャラの初期デザイン画は、かなり貴重な資料だと思うんだけど小さすぎるよ!
08小隊はムックとかあんまり出てないし、アプサラスやEz8、ホバートラックなどの
初期デザインが見られる本って他に無いんじゃない? これは非常に惜しい。

あと興味深かったのは、カットされたエピソードの内容。
08小隊は当初13話だったのが、諸事情で11話+ラストリゾートという形でのリリースになったのは
ご存知の通り。

本来は、9話の降下作戦中にグフフライトタイプとの戦闘が予定されており、
また終盤では、実はユーリが生きており、アイナとギニアスを拘束し、
アプサラスIIIでコジマ基地を壊滅させるストーリーだったらしい。
10~11話でビックトレーを基地代わりに使ってるのは、その名残だとか。

欠番エピソードの絵コンテの一部が小さく掲載されているんだけど、
こっちのほうが熱いクライマックスになったかもしれないぞ!

今時のデジタルな絵で08小隊の新作アニメを見たいとは思わないけど、
当初のシナリオをもとにしたノベライズなんかは面白いかもね。



スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント