その505  リボルテックタケヤ アルファス (ZETMAN)|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その505  リボルテックタケヤ アルファス (ZETMAN)


ゼットマンよりコイツのフィギュアが欲しかった!
でも欲を言えば、放送中に出して欲しかった。
さらに欲を言えばfigmaかフィギュアーツが良かった^^






発売日の3/1はDX超合金のルカメサイアやROBOT魂ビランビーなどの
予約解禁日だったので、そっちに気を取られて忘れそうになっていた。

祖父は売り切れだったので、会社帰りにビックカメラでゲット。
3780円でヨドバシも同じ値段。


riboALFAS01.jpg

アイアンマンMk7に続いて、今回も塗装酷杉。
全塗装されているみたいなので、全体の質感はかなりいいけど、
スミ入れのはみ出しや飛び散りが激しい。

店頭に5~7個出てたので、いちばん良さ気なヤツを選ぶと、お股がユルユル。
右股関節のリボ球が破損しているのか、カチカチせずにプラプラする。
「ここが良ければ、あそこが悪い」なんてマヌケはやめてよね。

とりあえずスタンドのリボ球とサイズが一緒なので、交換して応急処置。
スタンドのリボ球はやや黄色っぽい白で、本体のリボ球とは色味が異なるけど、
スカートに隠れて目立たないので、気にせず撮影続行。


riboALFAS02.jpg

塗装は酷いものの、造型は最高。
それもそのはず、アルファスをデザインした竹谷氏が原型を手掛けたらしい。
言わばアルファスの正解のカタチ。

リボにしては珍しく素立ちが様になるので、ご本家の造形美をまじまじと堪能できる。
各部に使われたクリアパーツもいいアクセントになってるけど、その上に塗料が
飛び散ってるのはお約束。


riboALFAS05.jpg

riboALFAS06.jpg

腹や肩のアーマーに軟質パーツが使われているものの、もともと可動はそんなに広くなく、
リボ特有のクセがあるので、ややポージングが取りにくいきらいがある。


riboALFAS08.jpg

ポーズによっては腹のリボ球が結構目に付くんだけど、まあリボルテックだし。。。
やっぱりfigmaかフィギュアーツで欲しかった気もしてくる。。。


riboALFAS07.jpg

riboALFAS11.jpg

セルデリートは剣、銃両モードが付属。


riboALFAS09.jpg

riboALFAS10.jpg

こっちが銃モード。
銃も剣も持ち手は共通なんだけど、人差し指と中指がくっついていて、
指を深く引き金に入れることができない。
そのせいで、ちょっと内側に向いたような持ち方になっちゃうね。


riboALFAS12.jpg

いちおうエアブースターは展開。


riboALFAS13.jpg

そしてマスクを取るとスカルフェイスが。。。
中の人は高雅くんじゃないの?


riboALFAS14.jpg

ちゃんとハマらないクリアパーツの風坊を被せて、プロトタイプを再現。
プロトタイプ? アニメに出てきたっけ? このスカルヘッドの内側に高雅くん?


riboALFAS03.jpg

手近にちょっと似た人がいたので大きさ比較。
このアーツのウィザードは、首と腰にティッシュを詰めてるんだけど、
それでもアルファスのほうがかなりデカい。

しかしアルファスは、ウィザードの劇場版ライダーと言われても信じられるレベル。


riboALFAS04.jpg

何となくアルファスって、桂つながりで戦闘用スカイハイって感じもしてたんで、
アーツと記念ショット。スカイハイのツノの先端までで、背丈はほぼ同じぐらい。





riboALFAS15.jpg

ヒーロー然としたデザインなので、ライダーやタイバニなんかが好きでアーツは
買ってるけど、リボには手を出したことがなく、購入を検討中の人もいるのかな?

正直塗装はいつものリボの中でも良くないほうだし、慣れないと、なかなかポーズが
うまく付けられない。

しかしそれを補えるだけの造型だし、素立ちで飾っても十分絵になるので、
アルファスが好きなら抑えておいても損は無いと思うな。

ゼットマンはプレイアーツ改でも出るみたいだけど、アルファスのアナウンスは無いし、
アニメの二期もやりそうにないので、当分はコレシカナイだろうしね。



スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント